2018年06月16日

『世界史で学べ!地政学』を読みました...

茂木誠著『世界史で学べ!地政学』を読みました。

地理上の位置が国際政治に影響を及ぼすということをわかりやすく解説した本です。

図解世界史で学べ!地政学 [ 茂木誠 ] - 楽天ブックス
図解世界史で学べ!地政学 [ 茂木誠 ] - 楽天ブックス

まず、”地政学”とは何かということですが、本の引用から示したいと思います。

オックスフォード大学地理学院の初代院長から政界入りしたマッキンダーは、アフリカ沿岸からインド、マレー半島、香港まで海上ルートで結ばれたイギリス植民地帝国を、いかにしてロシアの脅威から守るか、という問題意識から地政学を理論化したのです。


大戦中に日本は「大東亜共栄圏」を提唱しましたが、モデルを提供したのがハウスホーファーでした。ドイツの軍人として日本に長期滞在し、日本学の専門家でもあった彼は、イギリスの世界支配に対抗するため、米・独・ソ連・日本による世界四分割を構想したのです。松岡洋右外相に代表される日本のランドパワー派がこれを採用し、日独伊三国同盟や日ソ中立条約に結実しました。


このように、国際外交を有利に進めるためにこの”地政学”という学問分野は有用なのですが、日本では戦後、封印されました。

その理由としては、日本を敗戦国のまま封じ込めたうえ、外交上の武器を与えないという米国・中国の狙いがあるということのようです。

敗戦後の日本では地政学の研究自体が禁じられ、タブー視されました。


日本を敗戦国のまま封じ込めておこうとするアメリカや中国とは全く異なる歴史観を持つのがインドです。来日したモディ首相は、ボースとともにインパールで戦った元日本兵と面会し、その感激をツイッターで発信しました。



投資に役立つ情報もありました。

ギリシアが中露の「ユーラシア・ランドパワー同盟」側につけば、地中海全体の安全が脅かされます。このような地政学的立場を知り尽くしたギリシアの「開き直り」に対し、ドイツをはじめとするEU側は不快に思いつつ、黙認せざるを得ないのです。これは、韓国に対する日本の立場ともよく似ています。


ギリシア国債や、ギリシア経済の問題につき、決してEUは見捨てないということがわかりました。

その他、国際政治の動きがよりよく分かるような知識がいろいろと書かれていました...

ためになる一冊でした...








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村