2018年06月20日

サッカー日本代表の初戦の感想...

昨晩、ワールドカップ・ロシア大会の日本代表の初戦、コロンビア戦がありました。

感想をば...


勝ったのは、ラッキーが大きく味方したと思いました。

開始早々、相手のハンドでPK獲得。しかも、レッドカードで数的優位のおまけ付き。

その後、相変わらずのグダグダな日本が見られ、予想通り(イヤな予想は当たるもの)に同点に追いつかれてしまいました。

後半に勝ち越せたのは、相手が疲れてきたためかな。

それで敵陣深く押し込めて、コーナーキックを獲得できて、”実”に結びついたというだけ。




何とか辛勝という感じでした...

ほとんどの時間が数的に有利だったのに、です。

途中、吉田のヘッドも、酒井のシュートも枠に行ってなかったし、決定力の無さは相変わらずだったし、パスミスも目立ちました。

これで喜んでちゃぁ、いけないんじゃないかな。

まだまだ前途多難だなぁ...

コロンビア善戦、というのがゲーム全般に対する私の印象でした。









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村