2018年07月03日

ワールドカップって、ホント素晴らしい...

サッカーW杯決勝トーナメント1回戦、日本対ベルギー戦がつい先ほど終わりました。

決勝トーナメントに入ってから見ごたえある戦いが続いていますが、いまや全試合地上波で放送してくれますね。

昔は予選は一部がBS限定放送だったりしましたが、今回はNHKと民放のいずれかで全試合やってくれるのは有難い限りです。

全世界が注目し、”質”で最高峰のエンターテインメントがタダ(無料)で楽しめるなんて、生きている喜びを感じます。

素晴らしい試合が続いていますからね...

そして、画になるシーンの数々...

フランスの輝く個性、ウルグアイの世界一のツートップ、ロシアがみせた魂の守備、ブラジルが見せた格の違い、メッシやC・ロナウドの画になる姿...

それぞれに素晴らしい...


そんな中、日本の戦い方は不完全燃焼な感じが残ってしまいました。

2点リードして後半の20分過ぎてからノープランでした。




攻めていくわけでもなく、守りに入るわけでもなく、ベルギーの選手交代に対応するわけでもなく、状況をスルー...

結局、その日本の曖昧な姿勢に神様は背を向けたのかな...

ポーランド戦の最終局面では珍しく意志を示した日本ですが、今回の試合では逆に意志の無さが浮き彫りになったかな、と思います。

熱く応援していた方、そして選手の無念の想い、感じます...

どうか癒されますように...








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村