2018年07月23日

NHK大河ドラマ(『西郷どん』)を見始めました...

今年のNHK大河ドラマの『西郷どん』は視聴率が低いようです。

10%台の前半を低迷しているようで、”二大人気時代”である戦国と幕末のなかからテーマ設定しているわりには振るわないようですね。

一世を風靡した感のある『篤姫』(2008年)や『龍馬伝』(2010年)とは雲泥の違いです。

理由としては、使いふるされた登場人物や、結末の見えるストーリーなのでしょうか?

主人公の西郷隆盛は、龍馬のように”駆け抜ける青春のイメージ”もなければ、維新が成るまでは悲劇の主人公というわけでもありません。

また、古い体制(江戸幕藩体制)が覆るのも、新しい時代が来るのも、最初からわかっています。

視聴者にとって、種明かし済みの手品のようなものなのかなぁ...

で、実は、わたしも見ていませんでした...

しかし、7月19日の記事に書いたように西郷隆盛に関する書籍を読んだこともあってちょっと興味が湧いたので、おととい土曜日の再放送から見てみました。

すると、これがなかなかに面白い...

調べてみると、脚本が、人気ドラマ『ドクターX』などを手がけた中園ミホさんでした。

このドラマは私が大好きなドラマでしたし、同じ脚本家の作品ということで続けて見ていくことにしました。

登場人物も、小栗旬演じる坂本龍馬なんかはなかなかに味があります。

冷静に考えてみると、脚本家だけでなく、俳優陣もそれなりにすごいんだよなぁ...

最初(1月)がちょっと泥臭いイメージがしたから見るのをやめたんですけど、政局が複雑にからむあたりから見始めていれば楽しめていたのかもなぁ...

ちょっともったいないことをしたのかもしれません...

あともうひとつの見始めた理由としては、何といってもNHKの受信料を払っている身ですから、見ないとソンだなとも思いまして...

豪華キャストの出演料やセット,そして昔の時代の衣装には多額のお金がかかっているはずで、それらは受信料から出ているはずです。

そう考えると、食わず嫌いで見ないのは、一種の機会損失といえるかも。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村