2018年08月22日

甲子園球児の姿に感動しました...

昨日は14時からテレビの前に釘付けになり、高校野球決勝戦を観戦しました。

勝利したのは大阪桐蔭で、史上初の2度目の春夏連覇の快挙を成し遂げました。

しかし、今夏、最も話題と注目を集めたのは、秋田県代表の金足農業高校だったと思います。

ただ単に東北の高校というのでなしに、”農業高校”ということで決勝戦の前日の夜のニュースでも特徴的にとらえられていました。

ネットで検索してみると、商品も作って売っているとか...



今度、機会があれば買ってみようかな...


それにしてもエースの吉田君は、予選から決勝の途中まで1人で投げ抜き、その素質と実力を日本全国にまざまざと見せつけましたね。

球は速いうえに力があるし、変化球もなかなかのものを持っています。

昨日も左打者のひざ元に沈むスライダーは効果的で、1回のピンチでは大阪桐蔭の打者を上回ってその効果が発揮されていました。

その後打たれたのはストレートで、それも、もし調子が万全だったなら抑えてたのでは?、と思わせる内容でした。

結果的には10点以上取られましたが、本来の彼の実力ではないでしょう。

まあ、大きくいえば、前日・準決勝までの熱投が、決勝で100%の力で戦うスタミナを奪ったということなんでしょうね。



チームメイトもよくわかっていて、彼に決勝まで連れてきてもらったことに感謝しているいいシーンですね。

今大会のMVPだと思います...









P.S.
秋田発祥の飲み屋さん、『薄利多売半兵衛』さんが昨晩は無料だったみたいですね。





行きたかったなぁ...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村