2018年10月29日

教会のバザーを満喫した日曜日...

このブログの過去記事に何度か書いておりますが、私はカトリックの信者です。

昨日は、朝10時にミサに出たあと、そのミサに出た教会ではなく別のところなのですがバザーをやっているということで信者仲間と2人で連れだって行ってきました。

小さな教会ですが、教会前の広場から内部にかけてさまざまなお店が出ておりました。

私は、まずは、ワインの試飲(¥400円)をしました。

パンとチーズと干しイチジクが酒の肴として付いておりました。特に、干しイチジクがとても美味しかったです。

一緒のテーブルにいた人が言うには、なんでも、ワインの肴としては干しイチジクがベストなんだそうです。

「トルコ旅行にいったときなんか、あたし、おみやげにたくさん買い込んじゃって...」などと、その方はおっしゃっておられました。

写真を撮り忘れたので、メニューの写真を代わりに挙げておきます。

ueno_1.jpg

私が試飲したのは一番上にある白ワインです。甘口で、とても美味しかったです。

売り子さん、および、テーブルについていたお客さんといろんな雑談を交わすこともでき、その点も楽しめました。


次に、中国人系の信者さんがやっておられたお店で中華風の揚げパン(¥150円)を買いました。

ueno_2.jpg

これは持ち帰って家で楽しみました。

中に何も入っておらず素朴な味で、かえって自分には合っていたので美味しかったです。

この他にもいろんなお店を見て回り、雑談を交わしたりし、トークや交流を楽しみました。


最後、バザーから帰り際に、ほぼ新品のズボン(¥500円)を買いました。

ueno_3.jpg

とてもお安く手に入れることができて良かったです。

売り子さんは目黒区にある碑文谷教会からはるばる来た方でして、松田聖子ちゃんの結婚式のこととか話をされましてトークをしばし楽しめました。

使ったお金は合計で¥1,050円ですが、人との暖かい交流などを味わうことができ、値段に表せない価値があったバザーでした。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村