2018年11月21日

久しぶりにNHKホールへうたコンを見にいってきました

昨晩、久しぶりにNHK公開生放送『うたコン』を見にいってきました。

代々木のNHKホールに到着したのは午後5時半頃。

45分ほど行列に並んで待つと、引いた座席指定券は2階の前から4列目でした。

utacon.jpg

抽選(ランダム)とはいえ、やはり早く並んだほうが前に行く確率は高くなるようです。

この日の出演アーティストは、絢香さん、海援隊、リトグリ、ゆずのお2人、川中美幸さんなどでした。

テーマは、”青春ソング”ということで、武田鉄矢さんがなつかしい『人として』を熱唱したほか、若手演歌歌手が『初恋』をカヴァーしたりしていました。

また、リトグリは今年流行った『世界はあなたに笑いかけている』を歌ってくれました。

知ってる歌が多かったので、かなり楽しめましたよ。

もちろんNHK第一で生放送されていたと思いますけど、私のほうはかなり間近かで見ることができ、臨場感が結構あって、ひと味違う楽しみ方ができました。

こんなステキなライブがタダ(無料)で見ることができ、至福の一夜を過ごすことができました。

感謝です...








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

江上剛著『怪物商人−大倉喜八郎伝―』を読んで

江上剛著『怪物商人−大倉喜八郎伝―』を読みました。

幕末に生まれ、明治維新から日清日露の戦役を経て辛亥革命に至る戦争の時代に商機を見い出し、一代で財閥を作った大倉喜八郎を描いた伝記です。

怪物商人 (PHP文芸文庫)
怪物商人 (PHP文芸文庫)

大倉喜八郎は越後の生まれで、身ひとつで江戸に出て、商売でそれなりに成功します。

が、彼が本領を発揮するのは、幕末からの激動の時代に明治政府の要人や軍部と人脈を築くとともに、戊辰戦争,西南戦争,台湾出兵,日清日露の戦役といった軍需にうまく乗っかり、また、鹿鳴館や帝国劇場建設などを引き受けて、御用商人として次々とプロジェクトを成功させていったからです。

孫文はじめとする中国国民党関係者にも食い込み、大陸でも手広く商売をしました。もっとも、大陸では利は薄かったみたいですが...

大正時代にはついに男爵に任ぜられもします。

昭和初期には、昭和天皇から勲一等旭日大綬章を受けます。これは、実業家としては初でした。

しかし、出世栄達は彼にとっては二の次で、とにかく豪快に事業に取り組みことが趣味だったような人物です。

内容はとにかく痛快です...

命の危険も何度もくぐり抜け、最終的には90歳で大往生をします。

実際にこんな人間がいたのかというほど、ドラマ性に満ちています。

動くカネも巨額で、それを惜しげもなく投じていく姿は、これぞ本物の投資家という感じ...

ちまちまとインデックス投資などをしている投資家に一度は読んで欲しい本だと思いました。









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

揚げかたのウマかった春菊天ぷら...

昨日、HKT48というアイドルグループのイベントが幕張メッセであったので、行ってきました。

最寄りの海浜幕張駅に降り立つと、小腹がすいていたので駅構内の蕎麦屋さんに入りました。

駅直結の『そばいち』さんです...

券売機を見て、”期間限定”とあった「春菊天そば」(¥460円)を注文しました。

このお店はセルフサービスです。

注文口のところでしばし列に並んで受け取りました。

makuhari_soba.jpg

席に持っていって味わうと、春菊の天ぷらがうまいのなんの。

揚げかたが良かったと思いますね。

天ぷらはおソバにもとてもマッチしていて、¥460円とは思えないほど一杯のソバで楽しませてくれました。

店内はキレイだし、空いているときにいけばゆっくりとおいしいお蕎麦を味わえる店だと思いました。








そばいち ペリエ海浜幕張店そば(蕎麦) / 海浜幕張駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村