2018年12月31日

坂道シリーズのファンが集うバー

おとといの夜のことなんですが、友人に連れられて『ミュージックバー坂道』さんへ行ってきました。

場所は新宿区役所の近くで、ビルの8階にあるこじんまりとしたバーです。

特徴はなんといっても、坂道シリーズを公式的に応援していることですかね。

saka_1.jpg

もちろん、私も友人も坂道シリーズのファンでして、この日に来ていたお客さんも皆、同じくファン、というよりは俗にいう「ヲタク」なんですよね。

この日はヲタク忘年会をやろうということになって、ここに集まったんです。

飲み物は普通のバーの品ぞろえに加えて、坂道シリーズのメンバーの名を冠したカクテルなんかがあります。

壁にはモニターがあって、常時、坂道シリーズのライブ映像を流してくれます。

saka_2.jpg

それを見ていた客たちからときどきコールがあがったり、感想が発されたりするんです。

また、知らない者同士でもいきなりの初対面でヲタ話しに興じることができ、とても楽しいひとときを過ごすことができます。

坂道シリーズのファンなら一度は行っておきたいお店だと思います。









ミュージックバー 坂道バー / 新宿三丁目駅西武新宿駅新宿西口駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

西葛西駅構内の駅そば屋さん...

おとといのことなんですが、ロックフェスを見るために幕張メッセに行ってきました。

東京スカイパラダイスオーケストラさんや欅坂46が出演するのでそれを見にいってきました。

その帰りに、帰路途中にある西葛西駅構内にあるそば屋さんにお世話になりました。

soba_1.jpg

自家製かきあげがウリという『やしま』さんです。

これまで幕張に行く際、往復ともにスルーしていましたので、今回が初訪問でした。

19時頃の訪問でしたので結構混雑していました。唯一空いていたカウンター席に着席です。

季節ものという、紅しょうが入りのかき揚げそばにしました。

soba_2.jpg

かき揚げは作り置きで、作ってから時間が経っている感がしました。サクサク感はまったくありませんでした。

でも、私はそもそもそば好きなので、よほどのヒドイものでないと不満はでないです。

おそば、ネギ、うわものと、この3点セットだけで満足です。

テーブルの上にはすりごまと七味があってかけ放題。ごまは健康にいいので、そば屋さんに行ったときは必ずたっぷりかけるようにしてます。好きでもありますし。

手軽に食べられ、安い。

この次は、天ぷら系以外のうわもののそばにすればいいかな。

幕張メッセへの往復の際にこれからもお世話になろうと思います。









やしま立ち食いそば / 西葛西駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2










posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

『ドイツ三〇〇諸侯』を読みました。面白かった...

菊池良生著『ドイツ三〇〇諸侯』を読みました。

明治維新近くまで分裂に分裂を重ねた古代末期〜のドイツの歴史を、君侯たちを切り口に描いた楽しい読み物です。

ドイツ三〇〇諸侯 一千年の興亡
ドイツ三〇〇諸侯 一千年の興亡

現在でもドイツは連邦制を取り、中央集権国家というよりは地方分権色の濃い社会ですが、これは古来のゲルマン民族からの伝統でもあるようです。

彼らのメンタリティーを簡潔に表わすならば、”自由”と”誇り”です。

たとえばこんなふうに...

思えばゲルマン民族はなによりも名誉と勇気を美徳とした。この部族社会では、人を殺して、その遺体を臆病にも隠蔽したものだけが殺人者の汚名を着ることになる。遺体を公然と晒し、復讐に備える者は殺人罪ではなく、傷害致死罪として罰せられた。なにしろ、強盗は被害者の前に顔を晒すので、窃盗よりも罪が軽いという社会である。


そんなドイツの中世から第一次世界大戦まで残った星の数ほどいた各君主家の、宮廷陰謀あり、小国の生き残り戦術あり、政治的駆け引きのための宗教を使った戦術戦略あり、女をめぐる紆余曲折に金銭をめぐる強欲にかられた行動にと、たくさんの人間くさいエピソードの数々が描かれていて、最後まで読み手をぐいぐい引っ張ってくれました。

ドイツ以外のヨーロッパ各国の王室との関係性も興味深い...

歴史好きの人には珠玉の一冊だと思います。










posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村