2018年12月10日

断捨離を実行し、家の中のレイアウトも変更した

年末が近づいてきたということもあって、不要なものを粗大ごみとして出しました。

ごみ処理券が必要でしたが、気持ちがすっきりしたのでレクリエーション効果代と考えればいいかな?

ちなみに粗大ごみのリストと、要したごみ処理券の費用は以下の通りでした。

@10年以上使っていたオーブントースター(400円)
A20年以上使っていた大型箱もの家具(1,200円)
Bござ2枚とござ風の座布団(400円)
C20年以上使っていたワゴン(400円)
Dゴルフバックとアイアンセット(400円)

いやぁ〜、捨てた捨てた!!

ハッハッハッハ... 

総額で2,800円もかかりましたが、私が住んでいる東京都台東区は通常のごみ袋は自由なので費用が普段はかからない(自治体が指定する「指定ごみ袋」の制度がない)ことを考えれば、たまにこういう風に費用がかかってもまあ我慢できるというものです。

gomi.jpg


その他、使わずに溜まっていたタオルやハンカチの一部とバッグなどを、教会のチャリティーボックスに寄付しました(大震災の被災者に届くことになっています)。

そしてそして...

家の中のレイアウトを大幅に変更し、寝室に使っていた部屋にカラーボックスをかなり移動させ、逆に、寝室に置いていた衣装ボックスを居間に持ってきました。

いい気分転換になっています。

これを機会に大掃除もしたし、いいクリスマスと新年を迎えられそうです。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村