2019年01月26日

橘玲著『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』を読んで...

投資家ならよく知っている方で橘玲さんという方がいらっしゃいますが、その方の書いた『「リベラル」がうさんくさいのには理由がある』を読みました。

タイトルの通り、日本のリベラル派を批判した内容になっています。

「リベラル」がうさんくさいのには理由がある
「リベラル」がうさんくさいのには理由がある

沖縄の旧日本軍の自決指示をめぐる裁判、慰安婦問題の海外での反応、同一労働同一賃金をめぐる問題など、リベラル派の言説と保守派の言説とを比べながら中道的かつ冷静な視点でよく見られているなと思いました。

しかし、政治的な議論以外にも、経済的な側面で有益な情報も閑話休題的に散りばめられていました。

ここでいくつか紹介しておきたいと思います。


金利の下限はどこにあるのでしょうか。スイス銀行はこれをマイナス1・25%とし、そこまで短期金利を誘導しようとしています。


マイナス金利に政策として限界があるのは、現金という代替手段があるからです。


マイナス金利の下限値と、タンス預金という対抗手段が民衆側にあるためこの政策には限度があるということがわかりました。

後者については他の本でも学んで知っていましたが、あらためて認識できました。



EU諸国など高率の消費税を課している国の多くで軽減税率が導入されていますが、政策を評価した経済学者らの結論は、「こんなバカなこと、やらなきゃよかった」です。消費税の欠陥として貧しいひとの実質税率が高くなる逆進性が指摘されますが、単純な軽減税率では高級食材を買う富裕層の利益の方が大きくなります。


新聞への軽減税率が決まったのも、保守系の二紙が安保体制を熱烈に支持したことへの論功行賞なのは明らかです。こちらも憲法改正への布石で、アメを与えることでさらなる協力を確約させる、というのも理に適っています。
安倍政権をきびしく批判していたリベラルな新聞にも軽減税率の恩恵が及びますが、じつはこれも計略のうちで、案の定、ネットなどの批判は「権力」に向かってキャンキャン吠えるふりをしておいて、じつは懸命に尻尾を振っていた新聞社に集中しています。そう考えれば、見事な深謀遠慮というほかありません。


政治家が軽減税率を好むのは、権力を行使する範囲が広がるからです。


軽減税率がヨーロッパで批判的なことは、なんでもかんでも欧米のマネを追いがちな日本人一般にはためになる情報ではないでしょうか。

今後どうなるかはわかりませんが、消費税率10%が迫って来ているなか、我々はあらためてよく考えるべきなのです。



ゼンショーは食の安全に早くから取り組み、すべての食材を徹底的に検査するほか、野菜を仕入れるときはその畑ばかりか、隣の畑や近くに流れている川、その川の源流まで調べるといいます。また北海道には自前の牧場を持ち、子牛から育てて牛肉にするまでの過程を検証し、牛肉のリスクや安全性をすべて把握しようとしてもいます。
ゼンショーの独特にビジネスモデルは、「安全な食事を低価格で提供する」という革命家の発想から生まれたものでした。そのための武器は徹底した効率化で、米国海兵隊の洗脳法を導入し軍隊をもしのぐ超管理体制で社員やクルーの生産性を極限まで高め、外食産業のトップに立つまでに急成長を遂げたのです。


ゼンショーと「すき屋」を見直しました。



日本では、「中国産食材=汚染・危険」と誰もが思っていますが、意外なことに専門家のなかでは「国産より中国産が安全」との声も聞かれます。


厚労省の「輸入食品監視統計」を見ても、中国産は輸入量(検査数量)が多いので違反数量はトップですが、違反割合は0・22%で平均を下回り、アメリカからの輸入食材(0・81%)の約4分の1です(平成24年度)。また厚労省が国産品と輸入品の残留農薬を検査したところ、国産品(0・34%)の方が輸入品(0.21%)より基準値を超える農薬が検出される割合が高かったというデータもあります(2003年)。


賢い消費者は、偏見のお陰で安く売られている「安全な」中国産食材を使って美味しい食事を楽しめばいいのです。


意外なことに、中国産食材が節約生活には有効だとのこと。

これはためになる知識でした。

今後は中国産食材を再評価し、トライしていきたいと思いました。


いやぁ〜...
”本”ってやっぱり勉強になりますね。

また、タイトルだけで判断してもいけないってことも学びました。












posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村