2019年02月06日

ていねいに揚げてくれる日本橋の天ぷら定食

おとといのことなんですが、東京駅前の『信託博物館』に行く前に立ち寄ってランチを摂ったのが日本橋のたもとにある天ぷら屋さんでした。

お店の名前は『天松』さんといいます。

ten_1.jpg

”日本橋”というと、かつてはお江戸の中心地でして、江戸で生まれた庶民の食べ物が天ぷらです。

そういう意味では本場の天ぷらなわけであり、それをいただこうという狙いで行きました。

お店の前に出ていたお昼のメニューです。

ten_2.jpg

お店の中に入ると手売りの食券売り場があり、そこで食券を買いました。

私は、天ぷら定食(¥1,200円)を選択しました。

さらに中の扉を開けて入ると、厨房に対面したカウンター席中心の店内レイアウトになっていました。

食券を渡すとすぐにお膳にごはんと味噌汁が載ったものが出てきました。

ten_11.jpg

天ぷらはどうやって提供されるのかと思っていたら、厨房の中にいる料理人が揚げるたびに前の籠に入れてくれる方式でした。

ten_12.jpg

ひとつひとつていねいに揚げてくれたネタをひとつずつありがたくいただく...

天ぷらの原点なんですかね。

最後はかき揚げをごはんに乗せてくれ、丼にしてくれました。

ten_13.jpg


コスパ的にはちょっと悪いかもしれませんが、普通では味わえないような雰囲気やおもてなしを感じとることができました。

こういう経験も、たまにはいいものだと思いました。









天松 日本橋店天ぷら / 三越前駅日本橋駅新日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2










posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村