2019年02月10日

麵屋武蔵を初体験する...

昨日の東京は朝起きたら雪がうっすらと積もっていました。

そんななか昼ごろ図書館へ行き、ついでに秋葉原へと足を運びました。

本屋さんをぶらっと覗いたあとランチをと思い、寒いからラーメンにすっかと決めて入ったお店が『麵屋武蔵 厳虎』さんでした。

musashi_1.jpg

入店したのは13時過ぎでしたが、中で4人ほどの行列ができていました。

食券機で少し迷いましたが、熱々のスープを飲みたかったのでつけ麺ではなく味噌ラーメン(¥1,170円)にしました。

musashi_2.jpg

列がはけるまで7〜8分待ちますが、その間に食券の回収と盛り,にんにくの有無を聞かれます。大盛無料なので頼みました。にんにくはもちろん有りで。

やがて席に案内され、その後3分ほどで提供されました。

musashi_3.jpg

さすが千円を超えるだけあってボリュームがあり、お肉もたっぷりという感じです。

寒いだけにスープも何もかもおいしいですね。

最後の一滴まで飲み干し、完食いたしました。ご馳走さまでした。

コスパとしてはわたし的にはやや悪という感じですが、ラーメン好きにはそんなこと関係ないんでしょうね。

駅から近いですし、大きな道路に面していて目立ちますしで、ずっと人気店を維持していきそうなお店です。










麺屋武蔵 巖虎ラーメン / 秋葉原駅淡路町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2










posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村