2019年07月01日

全国から産地直送の魚料理の名店

おとといの土曜日のことですが、大阪から母が上京し、弟と3人で食事に行きました。

通常は行くことのないようなお店に行こうということで、考えた結果、秋葉原にある『四十八漁場』さんを選びました。

秋葉原を以前散歩していたときに見つけておいたお店で、食べログさんで予約してから行きました。

ドリンクを各自頼んで、お店の方のおススメを聞きながらどんどん値段をいとわずに注文を入れていきました。

お料理を片っ端からのっけていきますね。

まずはお通しで、ワカメと貝の小鍋です。

otooshi.jpg

口に含むと潮の香りがしました。さかな屋さんに来たなー、って思いました。


ドリンク(にごり梅酒)と枝豆です。

edamame.jpg

枝豆は普通のものとはひと味、いやふた味違ってました。”質”が良いのに加えて温度と塩気が抜群でした。


殻付きウニです。

uni.jpg

味は濃厚で、醤油はかけずにそのまま食べてもいけました。ただ、ちょっと量が少なかったですかね。


”本日のおススメ刺身6点盛り”です。

sashimi_1.jpg

sashimi_2.jpg

これも量が少なく、食べていて味があまりよくわからなかったです。


ホッケのから揚げです。

agemono.jpg

白身魚をうまく揚げていました。腕がいい料理人さんだなとこのとき思いました。


ホッケの塩焼きです。

shioyaki.jpg

これはとても美味しかったです。いい魚はやっぱり塩焼きがいちばんだと思います。


カジカの揚げ物です。

kajika.jpg

衣が香ばしく揚がっていて、醤油せんべいみたいな仕上がりでした。


カジカの煮物です。

kajika2.jpg

中華の清蒸風にしたもので、スープがいい味を出してました。


あて巻きです。

atemono.jpg

具はもろみ豆腐と胡瓜でした。もろみ豆腐にすごい旨味がありました。

結局、お値段は3人で¥14,000円台になりました。食べログさんの10%割引クーポンを使用してこの値段ですから、結構いいものをたくさん注文した感じかな...

1人頭、¥5,000円弱ということですが、でもそれだけの価値があるなと思いました。







四十八漁場 秋葉原昭和通り口店魚介・海鮮料理 / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5










posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村