2019年07月10日

丼からはみ出るかつ丼...

昨日のランチは、秋葉原駅から徒歩4分ほどのところにある『炉端バルさま田』さんに行きました。

夜は居酒屋さんになるお店のランチを楽しもうという狙いです。

お店の外観です。

samada1.jpg

お店の外側に出ていたメニュー看板です。

samada2.jpg

入店したのは13時過ぎで、店内にはサラリーマンやOLとおぼしき方たちが数組まだいらっしゃいました。

初訪問だったので、名物だと言われている、”とろとろ玉子の角煮かつ丼 並(¥700円)”を注文しました。

オーダー後、4〜5分でやって来ました。

samada3.jpg

御覧のように丼からカツがはみ出ています。

食べてみるとカツは普通のカツでした。視覚的効果を狙っているだけという感じ。

ただ味は平凡でも食べごたえはありました。ご飯も、少なめ,並盛り,大盛りが選択でき、いずれも無料です(私は並盛りにしました)。

¥700円という値段はリーズナブル。味噌汁もついていますしね(ちなみに、ジョッキはただの水です)。

味をよくばらずにそこそこお腹を膨らませたいと思うならいいかと...







炉端バル さま田バル・バール / 岩本町駅秋葉原駅浅草橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村