2019年07月12日

麻布十番のやや高級めのコロッケのお店

昨日は朝食をガッツリ食べたので昼は軽くと思い、ココに行きました。

rakuman_1.jpg

麻布十番にあるコロッケ専門店の『楽万』さんです。

コロッケ専門店とはいうものの、お弁当もありましたし、きのこご飯も売っていました。

また、店のすぐ外側には簡単な喫食の用意がしてあって、ルイボスティーの給茶機と椅子が数脚あります。私は、持ち帰りではなく、ここで食べる作戦にしておりました。

rakuman_2.jpg

お昼どきとも言ってよい11時50分頃に行くと先客は1人だけ。まだ混雑はしておらず、すぐにオーダーできました。

メンチ(¥360円)、特上コロッケ(¥260円)、さつま芋とかぼちゃのほっこりコロッケ(¥250円)の3つを注文しました。

「メンチ以外は揚げたてをお渡しできますが...」と言われ、承諾すると、メンチだけ先に渡され、あとは少し待つことに。

5分ほど待って全部そろいました。

rakuman_3.jpg


給茶機のすぐ横には、”羅臼の昆布塩”も置いてあって、これをかけていただきました。

rakuman_4.jpg

揚げたてのコロッケは美味しいですね。ハフハフしながらすぐに完食です。

お値段的にはやや高くつきましたが、高級住宅街麻布で高級コロッケを体験するのもおつなものでした。








楽万コロッケ店コロッケ・フライ / 麻布十番駅六本木駅六本木一丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村