2019年07月27日

パンプキンアイスとは?!

昨日の記事に続いて、直島で堪能したグルメをもう一品紹介したいと思います。

海水浴場と海釣り場があるレジャースポットに近接して存在する海の家『つつじ荘』…

その『つつじ荘』さんに併設されているカフェがあって、軽食などを出されておられます。

punmkin_1.jpg


私が一日で一番気温の高い13時過ぎにここを訪れると客の入りは3〜4人ほど。率にして2〜3割ほどで店内は空いていました。

セルフサービスで水を汲みつつ、あらかじめガイドブックでチェックしておいた一品を注文します。

この特徴的なパンプキン・アイス(¥650円)です!

punmkin_2.jpg

punmkin_3.jpg

モデルは、他の方が食べログに写真をあげておられますが、この店の近くに露出して存在している芸術作品「南瓜」(草間彌生さん作)でしょうか。

¥650円というから普通のアイスを観光地価格でお高く提供するのかな、それも芸術作品にあやかって、と思っていたら、結構ボリュームはあり、食べごたえがありました。

味もしっかりとしており、ちゃんとかぼちゃベースのアイスに作っている感じで、入れものも本物のかぼちゃなのかなと思えます。

この場所は島でも港や集落から離れた奥地にあって辿り着いた感があり、またとても景色もよい場所でもあるので、ここまで行ったらこのアイスを記念に味わっておくのも旅の思い出のひとつになるかな。

私もいい夏の日の思い出作りができました。







直島ふるさと海の家 つつじ荘喫茶店 / 直島町その他)

昼総合点★★★☆☆ 3.3












posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☔| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村