2019年10月02日

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』を見に行きました

昨日は”1日”ということで、映画館の月1回の割引デーでした。

見たい映画があったので、増税などおかまいなしに見に行きました(笑)。

私が見に行ったのは『ガーンジー島の読書会の秘密』です。

映画の公式サイトはコチラ...
↓↓↓
http://dokushokai-movie.com/

日比谷シャンテの10:00〜の回に行きました。

ただし増税後ということで、割引金額が¥1,100円→¥1,200円に値上げされていました。

garnji_1.jpg


映画の感想はというと、まず、ストーリー以前にいろんな設定がステキでした。

美しいヒロイン,ガーンジー島の美しい風景と素朴で純粋ないい人たち,それと対照的なロンドンの情景(こちらも魅力的です)...

ストーリーは感動ものでして、最後は涙をすする忍び泣きが劇場内のあちこちで聞こえました。

舞台は第二次世界大戦直後のイギリスです。

戦争に巻き込まれた罪のない人たちの生き様と、戦後、それを掘り起こしてゆくロンドンから来た女性作家の物語です。

イギリスというとナチスドイツに占領されなかった国だという先入観がありますが、イギリス海峡のガーンジー島はフランスから至近ということもあり、占領されてたんですね。

その占領が引き金となっていろんなドラマが展開するんです。

しかし、決して戦争を憎むだけのドラマではなく、本物の愛とは何か、赦すとは何か、を描いています。

久々に素晴らしい映画を見たと思いました。

おススメです。







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村