2019年12月28日

投資信託を3つ売却しました

今月の後半、投資信託を3つ売却しました。

理由としては、年末年始の長期休暇のあいだに投資環境が激変する可能性に備える事(リスク回避)、年末の損益通算を考慮した調整の一環(税還付対応)、パフォーマンスがいまいち思わしくないファンドの整理など、様々です。

新しい年に備え、古いポジションの始末という側面が大きいかな。


JP4資産バランスファンド(安定成長コース)
金融機関:ゆうちょ銀行
投資形態:毎月3万円づつ積み立ててきたもの
投資総額:571,119円
売却日:12月17日
売却総額:599,431円
譲渡益税:5,741円
純利益:+22,571円


MSCIジャパン高配当利回りインデックスファンド(毎月決算型)
金融機関:フィディリティ証券
投資形態:一括購入(2019年7月30日×100万円、2019年8月6日×100万円)
投資総額:200万円
分配金総額:46,926円
売却日:12月16日
売却総額:2,257,307円
譲渡益税:55,875円
純利益:+219,175円
トータルリターン:+248,358円


PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(米ドルコース)
金融機関:フィディリティ証券
投資形態:一括購入(2017年10月19日×70万円、2017年11月7日×70万円)
投資総額:140万円
分配金総額:375,974円
売却日:12月27日
売却総額:1,070,984円
譲渡益税:2,179円
純利益:+8,553円
トータルリターン:+44,779円


累投型は日本株なので、来年消費増税の影響がじわっと出たり、今の円安傾向が円高方向へとぶれたりする前に高値売り逃げという思惑があり、それをうまく実行できたと思ってます。なお、毎月の3万円の積み立ては継続しています。

毎月分配型ではトータルリターンもしっかりと確保できました。パフォーマンスの思わしくない債権型を処分できたというのも大きかったです。

気分的には年末の大掃除という感じかな。

なんか、せいせいしました!







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。




posted by スイス鉄道のように at 08:46| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村