2020年08月30日

アキバでお洒落にイタリアンランチを楽しむ

昨日のランチは、秋葉原のUDXにある『キオッチョラ・ピッツェリア』さんに行きました。

秋葉原UDXという最新型のインテリジェントなビルの1階に入っているお洒落なお店です。

piza_1.jpg

お店の前に出ていたメニューです。

piza_2.jpg


入店したのは11時半頃。店内にはほとんど客がおらず、食事が終わるまで空いた店内で快適に過ごせました。

席はカウンター席か奥のテーブル席かを自由に選ばせてくれたうえ、着席するや否や、ウェイターがさっとやってきてくれて、今日のパスタの内容やメニューの説明をしてくれました。

ていねいでサービスが行き届いていると感じました。

私は本日のパスタ(¥980円)をチョイス...

3〜4分でパスタのプレート(フォッカッチャ付き)がやって来ました。

piza_3.jpg

いかにもイタリアンというイメージが感じられるパスタでした。

イタ飯が味わいたいなら、それもチェーン店ではなく、本格めのものが食べたいならこの店だな、と。

食べ進んだところでコーヒーが供されます。

piza_4.jpg

タイミングを見ているんですかね。悪い感じはしませんでした。

コスパ的にはやや高めに見えますが、このクラス(サービス,質)ならそうでもないですね。

雰囲気もいいし、デート向きでもあります。

一人でも、二人でも、家族でも使えるイタリアンという印象...

もう一度来て、今度はピザを試したいなとも思いました。





キオッチョラ・ピッツェリアイタリアン / 秋葉原駅末広町駅岩本町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

銭湯のなかにある食事処の健康定食

山手線鶯谷駅から歩いてすぐのところにある銭湯『ひだまりの湯』さん...

その施設内にある食事処(『こもれび』)を昨日おとずれました。

銭湯を利用し、サウナで汗を流し、さっぱりしたところで入店です。

通常のランチメニューの他にここならではの健康定食がありそれ狙い。

食券機で”芽ぐみ定食(¥790)”を購入しました。

ogi_1.jpg

システムとしては、松屋のように、食券機の機械から自動的に注文が入る仕組み。便利ですね。

待つあいだ、お水を取りにいきます。サーバーでは水道水ではなく、美味しい水が提供されていました。

ogi_2.jpg


注文後(食券購入後)、5〜6分ほどで出来上がって呼ばれました。

残念ながら写真を撮るのを忘れました、スミマセン(上のお店が用意した写真を御覧ください)。

お味は普通。でも、味ではなくヘルシーさがウリだし、お値段も結構いろんな料理が入っていて¥790円なのでいいほうなんじゃないのかな。

通常のランチも良さげだし、今まではお風呂だけの利用でしたが今後はこの食事処も利用していこうと思いました。






食事処 こもれび定食・食堂 / 鶯谷駅日暮里駅入谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月28日

『ローマ帝国の没落』を読んで

チェインバーズ編『ローマ帝国の没落』を読みました。

古代ローマ帝国の滅亡要因に関して論じた論文集(ただし抜粋)です。

ローマ帝国の没落 (歴史学叢書) - 弓削達, モーティマー・チェンバーズ
ローマ帝国の没落 (歴史学叢書) - 弓削達, モーティマー・チェンバーズ


教科書では、ゲルマン人の侵入によって徐々に弱体化し、とうとう476年に西ローマ皇帝が廃されたと書かれていますが、他にもいろんな見解があるのだと勉強になりました。

軍事最高指揮官の制度説、混血弱体化説、人口減少説、国民の兵役忌避説、気象悪化説、農地消耗説、階級対立説、国家社会主義化説、などなど...

どれも一理ある、しかし一面を表しているに過ぎないとも思いました。

結局、さまざまな要因が重なってハードウェア的に西ローマは崩壊しつつも、最後の論文にあるように、ソフトウェア的にはローマ法の継承とローマ教会の制度のなかに昇華されたという考え方がしっくりきました。

ローマの統一の道具であり象徴であったローマ法は、ローマの最大の偉業であった。中世がこの遺産をうけついだ結果として、教会も国家もそれぞれの法体系の基礎を与えられたのであり、また法の構造の中に体現されている公平と人間愛の原理は広く普及して、ヨーロッパの文明化は促進されたのであった。ローマ法は帝国と運命を共にはしなかったのである。


教会もローマから組織と行政と法の基礎をうけとった。東部と西部で教会と国家はローマの豊かな制度的遺産をうけとり、これによってローマ国家の理念と伝統を永続させたのである。


現在も生き続けているローマ法を基礎とする各国の法制度とローマ・カトリック教会...

あらためて、この2つのソフトウェアを理解することが今の世の中を真に理解する要具となることを再認識いたしました。







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村