2020年08月04日

法律系マンガ『カバチタレ3』第28巻を読みました

マンガ『カバチタレ3』第28巻を読みました。

このブログでも過去に何回か取り上げているリーガル系の漫画です。

カバチ!!! −カバチタレ!3−(28) (モーニングコミックス) - 田島隆, 東風孝広
カバチ!!! −カバチタレ!3−(28) (モーニングコミックス) - 田島隆, 東風孝広

この漫画シリーズの良きところは、1巻ごとに物語が完結してくれることです。続きを心配する必要がないのがありがたい...

今回の事件は、ふざけた大学生がアルバイト先の引っ越し業者の作業のなかで引っ越し者のプライバシーをスマホで撮影してそれをアップロードしたこと。

それで炎上して、各所に迷惑をかけ、引っ越し業者の顧問である行政書士が問題の解決に乗り出すというストーリーです。

法律上は因果関係の証明が難しく、加害者(大学生アルバイトたち)を訴えるどころか、警察もまともに取り上げない始末...

そんな中、行政書士たちは、大学側に訴えるという線で話しをまとめていきます。

結果、やっぱり、”正義は勝つ”ということで落着。

教訓としては、過ちを犯す側からの視点としては、「法律に触れないから大丈夫」ないし「法律では裁くのが難しいから大丈夫だ」などと思ってはならないということ。

所属する組織のルールや組織の利益を守るという観点から、組織内規約によって裁かれる恐れがあるということ。

被害者側の視点としては、法的に訴えることはできない、ないし、困難であっても、ある程度の確証をもって加害者が属する組織の責任者へ話をもっていけば、民事的な交渉によって有利に問題が解決する可能性があること。

この2点でしょうか、第28巻が語ることとしては...

電子書籍化されていますし、お家のなかで読むリーガル系のエンターテインメントとしてすぐれものです。

おススメの一冊でございます。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村