2020年09月09日

有名な漱石ゆかりのお店

昨日のランチは、神田にある『松榮亭』さんに行きました。

ここは夏目漱石ゆかりのお店としてテレビでも取り上げられたことのある老舗洋食店なんです。

Shouei_1.jpg


開店時刻の11:30を少し過ぎたあたりで入店。先客は男性の3人組だけで、空いておりました。

席に案内されて座るとお店の方がお水を持ってきてくれました。

お水を口に含ませメニューが来るのを待っていると、「お決まりになりましたか?」と聞かれます。

「メニューは?」と聞き返すと、「壁に」とだけボソッと言われました。

壁を背に座っていたので見ずらく、首を後ろに曲げて無理矢理見ようとしたら、先客のうちの1人の方が「そこにもボードがあるよ」と親切に言ってくださいました。

見ると、A〜Cランチの値段と内容がボードに書かれておりました。

名物の洋風かきあげをメインディッシュにしたCランチ(¥1,200)をオーダーします。

注文後、待っているあいだにメニューの写真を撮ろうとしたら「写真はすべてお断りしています」と怒られました。

なので、お店の外観以外の写真は今日の記事にはありません...

お料理は10分ほどしてスープが、さらに5〜6分ほどしてメインディッシュとライスがやって参りました。

夏目漱石が好んだという洋風かき揚げは、中身が野菜の詰まったコロッケという感じ。普通でした。

つけあわせはキャベツのせん切りとトマト1片。これで¥1,200円なのだから、ちょっとコスパは悪いかな?と思います。

また、お店の方が不愛想で、写真を撮ろうとして叱られたり、メニューはお客さんの方が親切に教えてくれたりで、少しサービス面で疑問符が付きました。

う〜ん... ちょっと残念な結果になりました。

老舗洋食店で立地も良く、有名店で、常連客もいるようですから、もう少し頑張っていただきたかったです。






松榮亭洋食 / 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村