2021年01月06日

昨年末の東京→大阪帰省の旅行記をyoutubeに上げてみる

昨年末に大阪の実家に帰省しましたが、その際の旅行記を動画で作りました。

使ったのはWindows10に無料で添付されている「フォト」というソフト...

「フォト」は非常に優れもので、動画と静止画を容易に合体できるとともに、ナレーション用のテキストデータ埋め込み、表題スライドの冒頭への挿入等々、編集機能も充実しています。これを利用致しました。

最初だったのでかなり時間はかかりましたが(4〜5時間を要した)、作っている最中楽しかったですし、時間がたつのも忘れるくらいでした。

その力作が以下の動画(↓)です。



ご覧いただければわかりますが、青春18きっぷを最大限活用したお得に移動する方法のご紹介を兼ねております。

コスパを追求しつつ快適さも同時に求めるをコンセプトにしており、どなた様にとっても参考になる情報ではないかと思っております。

お得・快適になるポイントは次の3つ...

@東京から沼津行きの直通に乗る
A青春18きっぷでも使える普通車グリーン券を購入し使う
B京都で途中下車してパンを購入、車中で食し効率的に移動する

現在、東海道線の普通列車はそのほとんどがJR東日本とJR東海の境界駅である熱海駅が起終点になっています(東京からは熱海が終点、熱海以西へは熱海始発に乗るのが通例となっている)。

そのため、熱海駅で乗り換え(乗り継ぎ)のために人ごみが発生するとともに、熱海以西の列車は東京からの列車と比べて車両数が少なくなるために混み合い、そのため不快さも発生する場合がある...

しかし、日に数本、境界点の熱海を越えて東京から沼津駅まで直通する列車があるんです。

これをグリーン券を使って利用することで、熱海駅での混雑を避け、かつ、空いているグリーン車で2時間半ほどを快適に過ごせるというわけ。ここがコツなんです。

休日ならその料金はわずか¥800円ですし、青春18きっぷ1回分(これで東京-大阪間を移動でき、¥2,310円)と新幹線で東京-大阪間を移動した場合の料金(自由席で¥13,870円)とを比較すると、グリーン券を足したとしても青春18きっぷのコストパフォーマンスはほとんど落ちません。

何より旅のしょっぱなを快適に過ごせることでいい気分になれますし、車中での朝食、グリーン車専用のトイレと洗面所の活用で、良き朝をその2時間半で過ごせるはずです。

お宜しければぜひ皆様も参考にしてくださいませ。





posted by スイス鉄道のように at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村