2015年05月15日

都心マンションの購入経験の紹介(前編)

私が今住んでいるところは、東京都台東区...

JR山手線の御徒町駅より徒歩10分強の場所...

ほぼ東京の中心部といって良いかと思います...

正確には都営地下鉄大江戸線の新御徒町駅のほうが近く、山手線駅からは1km弱離れておりまして、不動産の相場はビックリするほどは高くはありません...

といっても、そこそこのお値段はするんですが...

この場所に、1LDKのマンションを買って住んでおります...

私は大阪出身で昭和生まれなのですが、子供の頃や若い頃は都心に住めるなんて思っていませんでした。

買うにしても、借りるにしても、庶民には手がでない”高さ”と思ってましたから...

今日は、普通のサラリーマンの私が都心にマンションを買えた経緯をご紹介したいと思います。


データ:
購入時期は、2012年5月。
1LDKで約49平米の広さ。新築12階建ての3階。
購入価格は、2,548万円。全額一括払い!
現在の管理費等は、18,500円(1ヶ月当たり)。
内容は、管理費+ケーブルテレビ使用料+修繕積立金+町内会費。


入社以来の給料とボーナスをうまく投資して増やしてきた資金で購入しました。
ですので、ローンはありません。

それまで住んでいた神奈川県のアパートは、家賃+駐車場代で月80,000円しましたから、
(80,000−18,500)×12=738,000円
つまり、年間約74万円のキャッシュフローの改善になります。(固定資産税は別考慮)

今は、車は所有していません。都心なので必要ないですから...

生活上の利便性と、住居に関するキャッシュフローの改善という2つの点で、今、とても満足しております。

買って良かったな、と...

今後永遠に住み続けるかは、私の気持ちとしてはまだ白紙状態ですが、
将来の可能性としては、売って良し,貸して良し、です...

私の勤務先の会社が提携しているFPの方に今年の1月に査定してもらったのですが、
売った場合の現在の相場値としては、約3,100万円だそうです。

売れば、500万ほどの利益が出るようですね...
アベノミクスさまさまだと言えます...

また、同じく、そのFPの方が言うには、地下鉄新御徒町駅から徒歩5分という立地条件から言えば、将来的にも、売れなくなるなんてことは無いそうです...

また、購入時に不動産屋さんから、投資用マンションとして考えた場合のプランというものを聞いたのですが、貸すと、家賃として月14.1万円、そこから仲介料と保証料を引いて119,800円がオーナー様の手に入りますよ、とのことでした...

管理費(上記で記した18,500円)はオーナー負担ですから、
119,800−18,500=101,300

貸すと、毎月約10万円が収入になるわけです!

まさに、住んでよし!,売って良し!,貸して良し!の3拍子そろった都心の穴場マンションです。

また、タイミング的にも絶好でした。

なぜ、”穴場”???
また、なぜ、”絶好のタイミング”かって???

それは...


長くなったので、続きは明日に...






posted by スイス鉄道のように at 06:32| 東京 ☀| Comment(3) | 過去の経験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいタイミングで買われてますね!すばらしい
続き楽しみにしてます^^
Posted by 煙々 at 2015年05月15日 21:38
アベノミクス直前ですか。
まさにタイミングドンピシャですね。
Posted by O.A at 2015年05月15日 22:12
煙々さん...
O.A.さん...

コメントありがとうございます。
ラッキーでした。
タイミングの良さというのは、アベノミクス以外にもうひとつ理由あります。
明日に書きます。
Posted by スイス鉄道のように at 2015年05月15日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村