2015年05月13日

格安スマホの導入効果!

毎月請求される携帯電話の代金...

ときには、思わぬ高額の請求が来てビックリということがありますよね。

私が昔から使っているのは、ドコモのガラケーなのですが、
多い時には、有料サイトの加入料込みで、月5,000円近くするときがありました。

節約を心がけても、月2,000円台が精一杯...

そこで、この状況を画期的に打破する方法を色々と検討した結果、”格安スマホ”の導入という選択肢を発見しました。(今年の2月頃のことです)

ただし、単純にスマホを使用しても、まあ、それなりの通信費が毎月かかってしまいます。

そこで、知恵を絞ったり、ネットで色々と調べた結果...

通話用には、ドコモの携帯をそのまま使用しつづけ、
ネット用に、”格安スマホ”を使うことに決めました。

もちろん、ドコモ携帯は、iモード契約を解除して、ネットにアクセスできなくなるようにします。


さて、しばらく迷った結果、3月頭に決意しました。

まずは、自宅から20分ほどで行けるアキバへ行って端末機の値段を確かめ...

ポイントサイト(ポイントスタジアム)経由で申込み...

そして、3月の途中からですが、格安スマホを購入し、使い始めました。

以下にデータを紹介いたします。


[データ]
スマホ:
中国Huawei社製、機種名 Ascend G6
購入店舗はソフマップ
定価17,800円、税込19,224円、426ポイント使用で、支払額18,798円
P-ONEカード支払いなので、実質18,611円

通信サービス会社:
DMM 
初期費用3,000円、ポイントスタジアムで2,550円還元、差引450円
(P-ONEカード支払いなので、実質446円)

契約は1GBコースで、月712円(税込)
(P-ONEカード支払いなので、実質705円)
さらに言うと、DMMポイント10%(70ポイント)付なので、実質635円

通話用携帯:
NTTドコモでプラン変更。
基本契約はタイプSSバリュープラン(ひとり割)のみで、934円!
(実際は、これにSMSメール代が加算される)
ちなみに4月は989円であった(P-ONEカード支払いなので、実質980円)

実績値(2015年4月度):
ドコモ980円+DMM635円=合計1,615円!


何と! 1ヶ月当りの通信費は、2,000円をはるかに下回るところまで抑えることができました。

2台持ちが少々面倒ではありますが、これでいいんです。

キャッシュフロー上、出ていくお金をできるだけ減らすように心がけておりますので...

そして、そのためのチャンス(=節約のチャンス)を逃さないことが、私のモットーです...

皆さんも、ご参考までに...





P.S.
格安スマホについては、雑誌『週刊ダイヤモンド』最新号で特集が組まれております...
週刊ダイヤモンド 5/16号 [雑誌] -
週刊ダイヤモンド 5/16号 [雑誌] -




posted by スイス鉄道のように at 06:41| 東京 ☁| Comment(0) | お得系のネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村