2015年06月22日

川島選手に学ぶサバイバル術と投資哲学(後編)

昨日からの続きの記事です...

今日は、川島選手の経済・金融についての考え方をその著書から紹介してみましょう。

以下、引用部分です。

スーパーで買い物をする習慣があれば、プロのスポーツ選手がついつい疎くなりがちな物価などの社会性を身につけることにもつながる。


彼は独身だそうですが、自炊しているそうです。
しかも、スーパーに行って、物価を肌で感じることを心がけているようで、
これは、私も心がけています。


40歳を区切りに引退をしたら、家族を中心にした生活に変え、サッカーとはまた違うビジネスの分野で新しいチャレンジをしてみたい。
金融についても勉強中で見聞を広めている。


自己投資には、惜しむことなくお金をかけた。
本を読み始めたことで啓蒙されたのだが、自分で稼いだお金を自分に対してプラスになることに遣うことが大切だと思った。


趣味は昔から旅行だったので、見聞や価値観を広げるため、一年に一度の海外旅行にお金を遣うのはアリと考えていた。


非常に共感できますね。
私の趣味も旅行ですし、資格試験にもいろいろとチャレンジしております。

狭い視野で世間と隔絶していてはならない。
今、僕は金融についても学び始め、実際に投資もしている。
景気の動きなどを先読みしながら、今後楽しみになりそうな企業の株を買ったり、投資信託を買ったりしている。
興味は持てなかったが、FXについても勉強してみた。
経済のマネジメントは、プロのアスリートとして欠かせない要素だと考えているからだ。


すごいですね、川島選手...
株に投資信託にFX...
いろいろとやっているようです...

将来の経済的な設計図はマネジメントしておかねばならない。
僕みたいに公務員や企業の正社員ではない個人事業主にとっては、なおさら重要である。
40歳までに、もっと金融や資産運用など経済について勉強したい。
ゆくゆくは自分で、いろんな事業を起こして、経済的な活動を行い、お金が入ってくる仕組みを作り、引退した後の経済基盤を固めておきたい。


ここまでの認識があるスポーツ選手って、なかなかいないのではないでしょうか?
自分自身を、スポーツ選手や有名人と考えるのではなく、まず、”個人事業主”と考える意識を持っていることはさすがです。

しかも、将来は、お金そのものじゃなくて、”お金が入ってくる仕組み”に着目している...
これは尊敬に値すると思いました。

この他にも感銘を受ける記載がてんこ盛りです...

ご興味が湧いた方は、ぜひ手に取ってくわしく御覧ください...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村