2015年08月10日

インデックス投資家を批判してみる

8/4の記事に、”健全な野党がいてこそ、健全な民主主義は機能する”と書きました。

なぜならば、”健全な野党がいてこそ、健全な批判”ができるからです。

そもそも資本主義社会は、民主主義を前提として成り立ちます。

それは、民主主義は、”自由”を担保するからです。

投資の自由、株主総会で経営者を批判する自由、市場における自由な取引、経営方針の自由、新規ビジネス参入の自由、もうからない分野からの撤退の自由などなど...

これらが自由に出来ないと、旧ソビエト連邦のように、経済は停滞し(特に物流,サービスの硬直化)、経営の過ちもただされません。

東芝のような事態が起こっても、もし国家権力(≒旧ソ連共産党など)によって言論の自由が抑圧され、明るみにでないと、そのまま放置されて大変なことになります。

言論の自由によってマスコミから適切な報道がされることで、東芝の内部的な悪は明るみに出、それを修正する道が開けたのです。

そうすると、言論の自由に裏づけられた「批判の自由」が重要になってきます。

そもそも、”人間”というものは過ちを犯す生き物です。

経営者は、天使や聖人ではありません。

なので、株主総会での健全な株主の批判が、資本主義における効率的かつ健全な経営を維持するためには欠かせないのです。

実際に株主が総会で批判を行うかどうかは別にして、
”株主が経営者を批判できる権利”を確保しておくだけでも、経営者の日々の経営行動に対する心理的プレッシャーになるものです。

だから、投資家(≒株主)が株主総会に出て健全な指摘をすることは、資本主義社会を成り立たしめるための「義務」であり、「責任」です。

しかし、インデックス投資家は、この義務と責任を放棄しております。

したがって、インデックス投資家は、この点において罪深いと私は考えます。

この私の考え方と同じ意見なのが、アメリカの有名なファンド・マネージャーである、ビル・アックマン氏です。

彼は、もちろん、アクティビストであり、「物言う株主」として著名です。

『リスク・テイカーズ』(川上譲著、日本経済出版社)に、8人のカリスマ投資家の1人として出ております。

インデックス投資家が世の中の主流となり、さらにそれが拡大していくと、各企業の経営者は、やりたい放題の経営をするようになってしまう...

彼は、このように語ります...

私もその通りだと思います。

インデックス投資家が世の中の大多数を占めてしまうと、国家ごと倒産してしまった旧ソビエト連邦のようになってしまうと思います。

なぜなら、企業のトップという存在は、その会社の中では王様ないし独裁者ですから。

今回の東芝の事例を見れば、明らかじゃないですか。

だから、誰からも批判されないと、やりたい放題に経営するようになりがちです。

その王様ないし独裁者を唯一、立場上、凌駕できるのが株主(=投資家)です。

だからこそ、私は株主総会にも出るし(批判したことはないですが)、個別株投資もやめたりはしないのです。

もちろん、これからも続けますとも...
アクティブに個別株投資をすることを...
そして、株主総会にも出ることを...

インデックス投資のパフォーマンスがアクティブ・ファンドを凌駕する、というインデックス投資家さんの主張は、過去の市場データからの結論としては理解はしますが、人間の生き方って、”金儲け”だけでいいんですかね?

民主主義社会と資本主義社会に生きる良き市民としての、義務や良心に反していないのかどうか...

考えてみて欲しいです...

昨日,おとといの記事に書いた、「会計の原点は良きキリスト教徒の良心から生まれたもの」だという原点に思いをはせつつ、もう一度良く考えて欲しいです...





リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家 -
リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家 -



posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | 投資哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大多数がインデックス投資家になりうることはありえないので金儲けだけの選択肢としてはインデックス投資はありだと思います。金儲けと人生の楽しみは切り離して考えているインデックス投資家が多いように感じます。
私的にはどんな投資であれ儲けることができれば何でもいいなあと思います。
Posted by クロスパール at 2015年08月10日 08:09
クロスパールさん、コメントありがとうございます。
資本主義制度も、会計制度も、欧米社会が発祥です。
日本人の価値観とは異なる人びとが造りだしたものなので、そうした仕組みを動かす土台となっている思想・哲学のレベルで正確に日本人に理解されていないように思えます...
なお、私の言わんとしているところは、
”金儲けと人生の楽しみ”の関係性の問題ではなくて、
”金儲けと人生における社会的責任”という点です。

Posted by スイス鉄道のように at 2015年08月10日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村