2016年04月30日

『メディチ家の至宝展』の感想、そして考察...

東京都庭園美術館で現在行われている、『メディチ家の至宝展』に行ってきました...
↓↓↓
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160422-0705_medici.html

ここの場所に行くのは2回目でしょうか...

目黒駅から徒歩で5分ほどのところにあり、駅前も、たどり着くまでの途中の道々も、なにかお上品な雰囲気で満ちております。

それもそのはず、ここは旧朝香宮邸で、江戸時代もお大名のお屋敷などが周りにあったとか...

また、有名な「白金」もこの近くですね...

まさに、”ザ・山の手”というところでしょうか...


展示会は、旧朝香宮邸を改装した旧館と接続する新館との2館に渡って開催されています。

ですので、旧皇族の居間や寝室,客間なども併せて見物できるようになっております。

メインのメディチ家の至宝の数々もとても素晴らしいものばかりです。

貴金属や宝石を惜しげもなく使った、指輪,カメオ,十字架,首飾り,ブローチなど...

そして、画家を使って描かせた肖像画には、毛皮や装身具をまとった豪華な服装で当主や令嬢が描かれています...

ヨーロッパの中世の大富豪の「富」が実感できます。

別世界にトリップした気分を味わえますよ...

日頃の憂さを一時忘れさせてくれるのは間違いないところです...

展示を見終わった後は、カフェやミュージアムショップを楽しむも良し。
外へ出て庭を鑑賞するのも良し、です。

写真は、庭から見た旧館(正面)と新館(左奥)です...

teien_art.jpg


さて、商業と金融で富を築いたメディチ家は、その家系から3人のローマ教皇や2人のフランス王妃を出しました。

当主も、最初はフィレンツェ共和国の陰の実力者から、後の時代にはトスカーナ大公という君主の位を得るまでになります。

しかし結局は、家系は断絶してしまうんですね...
最後には、外国の勢力(オーストリアのハプスブルク家)に君主の位を取られてしまうんです...

また家勢が盛んなときにもマラリアや生来の病弱で結構死んでいることが、展示会の説明書きに記されていました。

ヨーロッパ中世では「死は、金持ちにも乞食にも平等に訪れる」と言われていて、”平等”の象徴(=神のもとでの人間の平等の象徴)とされ、カトリックの神父や修道士の説教にもよく取り上げられていたと言います。

つまり、「金の亡者はむろん、物質的な生活にしか目を向けない者は幸せにもなれないし、天国にも行けないよ。救われないよ」と、キリスト教の教義と合わせて説かれていたと言われます...

まさにその通りで、かつてこの美術館に住んだ日本の旧皇族も、メディチ家も、その財産や豪奢な生活は、今は煙のように消えてなくなっています。

要するに、すべてはいずれ滅ぶんですね...
肉体も、富も、この世の物質的な何もかもが...

そういう意味でいえば、投資ブログでよく見かける、”蓄財”中心の生活方針も...
また、節約し蓄財するという考えをほどほどにし、人生を楽しむ系のブログも...
両方ともこの世のはかない物に執着しているという意味ではおなじだと思います。

”富”(=財産)を築いてもあの世にまで持っていけないし、子孫に残すにしても、いずれ子孫も没落します...

また、今を楽しむ生き方(派手な消費生活)をしたとしても、死んだ後には何も残らないし、間もなく誰からも忘れ去られてしまう...

死が万人に平等に訪れるならば、大蓄財も大消費もいずれも似たようなもの...
おんなじでしょう...

結局、人間は、後世に何かタメになるものを残さないならば、人として生きた意味はないんです...

だから、何か残すべきものを為す機会があれば、金(カネ)や周りの環境や未来の人生設計図などに頓着せず、今やるべし!なんだと思います...

今の一瞬,一瞬を大事にすることの大切さをあらためて感じました...







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村