2017年09月18日

アメリカの株式市場と日本の株式市場はバックグラウンドが違う...

おとといの土曜日のことになりますが、池上彰さんの『ニュースそうだったのか2時間スペシャル』を見ていると、アメリカのエンジェル投資家や世界の時価総額上位50社といった話題が出ておりました。

世界の時価総額上位50社のうち、日本企業はたった1社、トヨタ自動車だけでした。

しかも、トヨタはどちらかというと保守的で安全志向の会社。

そして、かんばん方式やカイゼンといった、効率化とコスト削減指向型の企業でもあります。

いわば、”規模の経済(スケール・メリット)”の効果とトヨタ銀行といわれる自己資金の豊富さが評価されているものと思われます。

一方、世界の時価総額上位50社の大部分(33社)を占めるアメリカの企業は、進取の気性に富み、成長を旨とする企業ばかり...

その原動力となるのは、チャレンジ精神(フロンティア精神といいかえてもよい)と、”失敗”に寛容な文化。

”エンジェル投資家”と呼ばれる人たちは、日本は昨年約10億円なのに対し、アメリカは約2兆円強とのこと。

また、アメリカの場合、そういうエンジェル投資家には過去にお金を出してもらって成功した人が多く、自分もそういう立場になったら助けてあげようとする人が多いんだとか。

そして、成功するのは10社に1社くらい、つまり1割くらいで、あとはお金が返ってこないんだけど、それでもそういう人たちは絶えないという...

日本ではエンジェル投資家はむろん、出資者自体が乏しく、また、お金を借りようとすると担保をとられたりして失敗した場合の代替手段を必ず求められるのとは雲泥の違い...

あらためて日米の株式会社の質の違いと文化の違いを再認識しました。

番組内容以外のところでの自分の経験や知識から考えるに、まず、企業家の意識が違うな、と...

アメリカはアメリカンドリームといって夢を成功を追いかける人が多いですが、日本は自分だけの私利私欲を追いかける人が多いような気がします。

それは、以前このブログで紹介した記事(2015年9月26日の記事)で書きましたが、アメリカ人の頭の中が、キリスト教思想に基づく隣人愛と財産のフル活用に意志的に向かっていることによるものだと考えます。

このことは、成功したアメリカ人が莫大な寄付をする行為などにも表れている...

また、同じく前にこのブログで紹介した記事(2016年6月20日の記事)で、破産した人のたくましさとそれを支える制度があることにも社会の質の違いを感じます...

さらには、日本の貯蓄率の高さと、アメリカの投資文化の違いもよく言われますよね...

結局、同じ資本主義と株式会社制度をとりつつも、日米の2カ国は全然違っている...

なので、アメリカの投資本のなかで「インデックス投資」を勧めるものを鵜呑みにするのは間違っているように思います。

たとえば、『ウォール街のランダムウォーカー』...

ウォール街のランダム・ウォーカー原著第11版 株式投資の不滅の真理 [ バートン・G.マルキール ] - 楽天ブックス
ウォール街のランダム・ウォーカー原著第11版 株式投資の不滅の真理 [ バートン・G.マルキール ] - 楽天ブックス

この本の内容を否定するわけではありませんし、日本の株式市場でこれを真似して行っても一定の効果はあるとは思いますが、同じ効果が得られるとは考えずらいです。

また、今後、日本の株式市場がよりグローバル化し(=国際的な標準形に近づき)、日本人の貯蓄率が下がって株式へシフトしたとしても、文化の根底が異なるので、「インデックス投資」の有効性がアメリカの株式市場とおんなじになるとは思えません...

さらに付け加えるに、少子高齢化が日本では進み、人口が減少傾向に推移するのに対し、アメリカでは紆余曲折はあるものの移民を認めてきて、これからも認め続けるだろう、だから人口は増え続けていくだろう、ということもあります...

要は、日本社会はグロース(成長)する社会ではない...

だから、株式市場全体のグロース(成長)にかける「インデックス投資」は、アメリカほどには効果は生じないし、先の見通しも限定的だと思います。









posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☔| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村