2017年09月22日

毎月分配型投信で損失を出し節税準備

フィディリティ証券で保有していた「アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)」を売却(解約)しました。

注文を出したのは20日で、昨日、数字が確定しました。

2014年に購入したこのファンドは毎月の分配金ゆえにトータルリターンではプラスになっていますが、損益計算上はマイナス、つまり損失となります。

以下、戦績です...

【保有戦績】
購入単価:4,525円(2014/9/17),4,467円(2014/10/3)
購入総額:1,800,000円
分配金総額:730,922円
売却単価:2,794円
売却総額:1,118,641円
収入総額:1,849,563円
トータル収支:+49,563円
損益金額:−142,534円

銀行金利がほぼ0%の現在、トータル収支がプラスなら、それは銀行に預けておくよりも良い結果だったことを意味します。

そして、出た損失は、来年の確定申告で申告して、個別株の儲けと損益通算して節税に...

一石二鳥です...
もちろん、すべて合法的です...

さらに、この投信を売却注文を出した日の翌日に「パン・パシフィック債券オープン」を売却(解約)しました。

これもまた、トータルリターンではプラスで、損益計算上はマイナス(損失)となる予定です。

来年の確定申告が楽しみです...







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(2) | 投資技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このへんは、計算しますよね。特に分配型の投資信託の場合、トータルリターンはプラスでも、評価損益がマイナスはありますから。

私が合法的に節税したのは、上記のようなものに加えて、税制が10%⇒20%になったとき。猶予があることをいいことに20%になってからマイナス分の損益通算したので少しだけ儲けがありました。まぁ、翌年以降相殺できるプラスがなければ、消滅もありえましたけど。

トータルリターンでマイナスならともかく、プラスなら計算して売買するのは、当たり前なのかもしれません。
Posted by 煙々 at 2017年09月22日 21:36
煙々さん、コメントありがとうございました。
この記事の内容で示した手法はこのブログにこれまでも何度も登場しているものです。
私にとっては通例的なものですが、毎月分配型をそもそも嫌う人がいますからねぇ...
そういう人はチャンスを逃しているんスけどね...
Posted by スイス鉄道のように at 2017年09月23日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村