2017年12月23日

有名な虎ノ門のお蕎麦屋さん ”蕎麦と胡麻の革命”

昨日の午後3時半くらいに、虎ノ門にある有名な蕎麦屋さんに行ってきました。

『そば処港屋』さんと言って、一見、蕎麦屋ともお店をやっているとも思えない建物にあります。

minatoya0.jpg

初めての訪問だったので、迷いました...

プーンと道路にまで匂ってくるいい臭いが無ければ見つけられなかったかもしれません...

店内には黒大理石の大きなテーブルがあり(6メートル四方くらい)、そこを囲むように立ち食い形式で食するシステムになっていました。

私は、このお店で一番の名物の「冷やし肉ソバ(¥870円税込)」を注文しました。

minatoya1.jpg

店内は薄暗いので、カメラのフラッシュを焚いてもこんな感じでしか映りませんでした。

ネットにあるこちらの紹介ページのほうが明瞭ですので、どうぞ。
↓↓↓
http://osietesite.com/gourmet/tokyo/wasyoku/soba/minatoya

お店のキャッチフレーズは、”蕎麦と胡麻の革命”...

”相反する素材を斬新な発想で見事に調和させる、そば処港屋。モダンな店内で豪快に食する田舎蕎麦はまさに革命”、だそうです...

まさにその通りで、値段のわりには蕎麦の量が多く、胡麻もたっぷりとかけられていました。

また、味も特徴があって、肉もたっぷりと盛られていまして、とても満足のできる一杯でした。

一度は行っておいて損はないお店だと思います...








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村