2018年01月26日

『まゆゆきりん往復書簡』を読んで...

昨年の紅白歌合戦でAKBを卒業した渡辺麻友さん...

彼女と同期生の柏木由紀さんとのやりとりを書籍化した『まゆゆきりん往復書簡』を読みました。

渡辺麻友さんの愛称が「まゆゆ」で、柏木由紀さんの愛称が「ゆきりん」なので、合わせて「まゆゆきりん」とファンのあいだでは呼ばれていました。

まゆゆきりん「往復書簡」〜一文字、一文字に想いを込めて〜 -
まゆゆきりん「往復書簡」〜一文字、一文字に想いを込めて〜 -

2人はAKBの3期生でして、2006年末にオーディションに合格し、2007年にデビュー...

そのときすでに、2005年に発足と同時に加入した1期生、翌2006年に加入した2期生という、2期にわたる先輩方がおりました。

AKBはチーム制を取っているアイドルグループでして、当初は、1期生はチームA、2期生はチームK、3期生はチームBでそれぞれ別に活動を行なっていました。

チームBでは、渡辺麻友さんと柏木由紀さんの2人の人気がうなぎ上り...
のちに、2人はAKBの主力メンバーとなっていきます...

AKBはやがて「国民的アイドル」と呼ばれ、飛ぶ鳥を落とす勢いで日本の芸能界を席巻...
レコード大賞も2年連続で取るまでになります(2011年,2012年)...

しかしその後、徐々に勢いを落とし、現在では”坂道シリーズ”と呼ばれる、乃木坂46,欅坂46に遅れをとっているという状況です。

なぜ、AKBは落ち目になってしまったのか???

この本にその原因のひとつが隠されていました...

先に述べたように、1期生,2期生,3期生は各チームに分かれて活動していました。

そのため、3期生であった渡辺麻友さん、柏木由紀さんの2人は、AKB全体の選抜チーム(これがテレビなどのメディアにも出る)内でしか先輩たちと接する機会がありませんでした。

そして、その場(選抜チームという場)でも、先輩との距離はあまり縮まらなかったみたいです。

この本ではそのあたりの事情が次のようにつづられています...

・自信を持てたのは12年間のなかで2回だけ。オーディションに合格した時と総選挙で1位になったとき(渡辺麻友)
・力もないし、取り柄も無いし、才能も無いし、コミュニケーション力も無い(渡辺麻友)
・麻友は最初の頃、おびえていた(柏木由紀)
・先輩たちの輪の中に2人とも入れなかった。壁は高いまま残ってしまって卒業するまで崩れませんでした(渡辺麻友)
・先輩とは距離を置くけれど、後輩とは親しくできるゆきりんがうらやましかった(渡辺麻友)

特に、後輩とは交流できていた柏木由紀さんと違って、渡辺麻友さんは、人とのコミュニケーションが苦手だったようです。

そんななか、1期生や2期生たちが続々と卒業してゆきます...

AKBをその黎明期から支えてきた1期生と2期生の主力メンバーが徐々にいなくなっていった後、おそらく3期生のツートップである2人(渡辺麻友、柏木由紀)は、AKBをリーダーシップを持って引っ張っていけなかった...

これがAKBが徐々に落ち目になっていった一因ではないかと...

そう思いました。

ビジネスの世界でも「唐様で貸し家と書く三代目」と言います。

これは、創業者の一代目、創業者を助けて支えてきた二代目のうちは店は大丈夫だが、苦労知らずで芯の座ってない三代目は”家”をつぶすという意味です。

AKBを売れない時代からブレイクするまで引っぱってきた1期生と2期生のがむしゃらさに比べ、人見知りや遠慮することで周りとの間に壁をつくってしまった3期生の2人は、必死さや全力でのがんばりが足りなかったのかなぁ、というのが私の感想です。








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(2) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
壁があるのはたぶん運営サイドがそのような売り方をしたからだろうと思うのですが、絶頂期にもっと手を打てばまた違った展開になった気がします。

あと48グループは増えすぎじゃないですかね? 最近は48グループではNGTが気になってます。

その点、坂道グループは全体で押し上げている運営っぽいのでいいかなと感じますが、2期生、3期生へのバトンタッチをうまくしないと同じ運命をたどりそうです。
Posted by クロスパール at 2018年01月26日 16:51
クロスパールさん、コメントありがとうございます。
1期生,2期生を前面に立てて売り出していったのは事実ですが、それはファンが付いていたということもありますね。
でも、後輩たちは、選抜チームという場で、もっと積極的に先輩との距離を縮めるよう努力すべきだったように思います。

NGTは、先日幕張メッセで行なわれたミニライブ&握手会に行きましたよ。
観客が少なくて、また、ミニライブと握手1回分がセットになっていて、とてもお得感がありました。

48グループの人数は確かに多いですね。先日、また大量採用したみたいで...
でも、卒業も多いからですかねぇ...
Posted by スイス鉄道のように at 2018年01月26日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村