2018年02月25日

「日本人が思い描くカレー」とは???

昨日の遅めのランチは、地下鉄末広町駅から徒歩3分ほどのところにある『ジャン・カレー』さんに行きました。

jyan_1.jpg

見ての通り、お店の入口の真横にでかでかと「日本人が思い描くカレーライスの店」とあります。

前から気になっていたので、昨日、初訪問しました。

オーソドックスに、”ジャンカレー(¥520円)”を注文です。

jyan_2.jpg

まさに、オーソドックスなカレーライスでした。

薬味も福神漬けのみ。テーブル上にも余計なものは何一つありません。

しかし見かけも、そして最初のひと口も、オーソドックスながら、次第に食べ進めるにつれて、丁寧に作られた感が何か訴えるように伝わってきます。

食べたあとの胸やけもありません。後味も良かったです。
 
チェーン店で安く提供しながらも、それだけじゃない人に対する優しさというか、人間らしさが伝わってくるような感じかな。ちょっと大袈裟かもしれないけど。

安くて、手軽で、ハズレのない、地味だけど満足感があるカレーでした。








ジャンカレー 末広町店カレーライス / 末広町駅湯島駅御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3





posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村