2018年02月26日

1点差が誘った相手のミスだったなぁ...(平昌五輪、カーリング女子3位決定戦の感想)

約2週間に渡って行われてきた平昌オリンピックですが、昨晩、閉会式が行われ、その幕を閉じました。

たくさんの感動をどうもありがとうございました。

テレビを見て観戦するだけなら無料ですので、これほどお手軽で、質が高く、楽しめるコンテンツって、なかなか無いんじゃないかと思います。

有料のゲームや映画と比べるなら、”珠玉のコンテンツ”ではないのかな、と。

見どころはいろいろとありましたが、なかでも一番楽しめて、なおかつ感動を得たのは、カーリング女子なんじゃないでしょうか?

3位決定戦で勝って見事に銅メダルを獲得し、その後、泣きながら喜んでいた姿は、非常に印象に残りました。



試合展開を見ていて、途中でのミスが、逆に、最後の最後に相手のミスを誘って勝ったのは、この競技の面白さというか不思議さを感じて、そこも興味深かったです...





日本チームは途中で2点を取れるチャンスを活かしきれず、1点差リードのまま、しかも先攻で最終エンドを迎えてしまいます。

カーリングという競技は相手にわざと1点取らせても後攻を得た方が有利な競技なので、1点差リードで先攻というのはほぼ同点のようなもの。

そして、イギリスが後攻の最終エンド...

イギリスは最後に2点を取れば逆転勝利、でなくても後攻なので1点は楽に取れるという状況を得ています。

そんななか、最後の一投で、日本チームの藤沢選手が、イギリスの逆転をお膳立てするかのような”石”の状況を作ってしまいます...



しかし、プレッシャーがかかったんでしょうか。

イギリスの選手の手元が狂って、日本が逃げ切って勝利!

まさか、まさかの結末でした。

いやぁ〜...面白い勝負でしたね。

それにしても。LS北見の皆さん、ホントにおめでとうございます!

いままでの苦労に対して、神様が微笑んでくれたんだと思います。







posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 分析・考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村