2018年04月07日

奄美大島名物の「鶏飯」を食しました

昨日のランチは、有楽町の『麹蔵』さんに行ってきました。

ここは医食同源をうたう鹿児島料理のお店なんです。

11時半開店のところ、11時40分頃に行くと、サラリーマンやOLの1人客の方がすでに4〜5人おりました。

店員さんはサービスがよく腰が低くて丁寧でした。このへんは好感がもてましたね。

お店の内部はやや高級感のある作りになっていて、中庭までありました。

keihan_3.jpg


食べたのは奄美大島名物というふれこみの”鶏飯”(税込み¥900円)です。

keihan_2.jpg

鶏や薬味などの具をご飯に載せ、その上に出汁をかけていただくものだそうです。

ご飯は玄米と白米と選べるようになっていて、私は健康のために玄米を頼みました。

美味しかったですし、薄味でまさに和風の一品に仕上がっていて、日本人好みのお料理という感じ...

それに、「鶏飯」以外にも写真を御覧になればおわかりの通り、鶏南蛮まで付いておりました。

こういうの、うれしいっスねぇ〜...

おそらくは他のお料理もいい感じの和食になっていそうに思えました。

ちゃんとした和食をややお金をかけてでも食べたいという人はここがおススメですね。








麹蔵 有楽町晴海通り本店居酒屋 / 日比谷駅有楽町駅銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村