2018年08月21日

井上達夫著『普遍の再生』を読んで...

井上達夫氏の著作『普遍の再生』を読みました...

普遍の再生 (岩波人文書セレクション)
普遍の再生 (岩波人文書セレクション)

著者の立場は第一章で明らかになります。以下に引用します。

私は、民主主義の美質の賞揚より、その限界の自覚を重視する古臭いリベラリズムに惚れた人間の一人である。


民主主義といえばアメリカ合衆国において顕著な思想的立場であり、個人主義と思想・表現の自由に基づく、「何事にも絶対はない」,「正解となる見解はない」などと言った相対主義の考え方などに表わされます。

日本は第二次世界大戦に負け、アメリカの占領政策を受けて民主主義が導入されました。

また、冷戦でソ連とその影響を受けた東欧圏が解体し、その後、アメリカ流の民主主義が世界で勝ち組として扱われ、いまや民主主義が絶対正義みたいになっています...

しかし、そうじゃないんだと...

個人権というものを基礎とする古典的なリベラル・デモクラシーに立ち戻るべきなんだと、著者は主張するのです。

そのポイントは、国家権力の弊害よりも、個人と国家のあいだにある共同体が生み出す集団同化圧力の弊害に着目するところにあります。

中世的システムにおいて、さまざまな中間集団がその成員たる諸個人に対して保護膜として機能したことは事柄の一面にすぎない。かかる集団は同時にそれぞれ社会権力として、内部の諸個人に対する抑圧者でもあった。……(中略)……、国家こそ封建的・身分的桎梏から個人を解放する人権の擁護者であるという観念の主たる歴史的淵源は、言うまでもなくフランス革命である。


個人権は国家権力の専横に対してだけでなく共同体的凝集力が孕む社会的専制の危険に対しても個人を保護する。リベラルな個人権概念はしばしば誤解・曲解されるように私利追求を無制約化するものではなく、むしろ全体や集団の名において個人に要求しうる正当な犠牲の限界点を設定する。


共同体的責任相互の葛藤状況において、われわれが単一の次元の共同性領域に自己を与え過ぎてしまうならば、他の領域の共同体的責任をなおざりにしてしまう。このような単一次元に自閉した共同性はわれわれの社会的成熟を促進するどころか、むしろ阻害する。


個人権はアトム的に孤立した個人の反社会的放縦を確保するためではなく、むしろ個人がここに見たような一元的・閉鎖的共同性の陥穽から脱却し、多面的・開放的な共同性を発展させるために必要なのである。


共同体論・多文化主義・フェミニズムなど、リベラリズムを批判する諸潮流が、後者がコミットしてきた普遍主義を標的にしているだけでなく、批判を受けたリベラリズムの陣営の中でも、ジョン・ロールズの政治的リベラリズムへの転向に象徴されるように、哲学的普遍主義からの退却の傾向が顕著になってきている。


非公式の社会権力によるさまざまな差別や抑圧から個人の人権を実効的に保護する上で、中間的諸権力を統御しうる主権性を備えた国家が不可欠の役割を果たすという視点は、かかる社会的差別や社会的専制が依然跋扈する現代社会においても重要な意義をもつ。換言すれば、「主権国家の危険をいかに防止するか」という関心から人権の必要性を説くだけでは十分ではない。「なぜ主権国家形成という危険な企てをあえてする必要があるのか」が問題であり、この主権国家の倫理的存在理由を与える理念こそまさに人権なのである。


社会契約というモデル自体はさまざまな難点を孕んでいるとしても、主権国家という恐るべき巨獣(リヴァイアサン)が人権を自己の創造主とすることによってのみ存在を許されるというその基本前提は、依然重要性を失わない。


また、著者は、人権と国家主権の関係についても新たな気づきを与えてくれました。

国際関係における主権国家の対等かつ独立した地位は、人権享有主体たる諸個人の平等と自律性の概念的投影である。主権はいわば大写しされた人権である。


主権を法の支配や人権と対置するのは最も有害な誤解である。政治道徳の基礎理念としての主権は、国際社会に人権原理を含む法の支配を覇権的恣意に対して貫徹する規範的な企ての一部なのである。


我々は、憲法が国家権力をしばり人権を保護するものと教えられますが、それはちょっと違うとのこと。

人権と国家権力(国家主権)は、欧米の歴史上、並行して育ってきたものだということなのです。

言われてみればそうかも...

いろいろと勉強になりました。









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村