2018年11月12日

更科功著『絶滅の人類史』を読んでの感想(前編)

更科功著『絶滅の人類史』を読みました...

絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか (NHK出版新書)
絶滅の人類史―なぜ「私たち」が生き延びたのか (NHK出版新書)

著者は、人類が霊長類と共通の祖先から分かれて進化してきた歴史につき、最新の科学的成果を紹介しつつ語っておられます。

いわば、人類最初の文明が中東で開始される以前の人類の歴史、という感じでしょうか。

まずは、この本の「はじめに」から引用してみましょう。

きっと人類だって、ずっと森林に住んでいたかったのだ。でも、アフリカで乾燥化が進み、森林が減ってしまった。そのとき、力が弱くて木登りが下手だった人類の祖先は、類人猿に負けて森林から追い出されたのだろう。そして、追い出された私たちの祖先のほとんどは、おそらく死んでしまったに違いない。なにしろ疎林や草原は、不便で危険な場所なのだから。
 でもその中で、生き残った者がいた。なんでも食べられてどこでも生きていける者が、かろうじて生き残った。私たちの祖先は弱かったけれど、いや弱かったがために、類人猿にはない特徴を進化させて、生き残った。その末裔が、私たちホモ・サピエンスだ。


食物が豊富で、危険な野獣がやって来られない樹上生活ができる熱帯の密林から、イジメられ追い出されたのが我々の祖先であった...

強い者が生き残るという俗説が誤りだということが改めて認識させられます(進化論を説いたダーウィンも、「変化に対応できる者が生き残る」と言っています)。

その他にも、進化上のセオリーがいくつも語られ、なかには新たに気づかされることも多かったです。

個体数が少ない場合は、自然選択よりも遺伝的浮動という偶然の効果が強くなる。自然選択は、有利な個体を増やして進化を進めることもあるけれど、不利な個体を除いて生物を現状のまま維持させる。つまり進化を止めることの方がずっと多い。したがって、自然選択というブレーキが弱くなれば、進化速度は速くなるのだ。


四足歩行と直立二足歩行の中間の歩き方は、猫背でヨタヨタとした歩き方だっただろう。四足歩行よりも直立二足歩行よりも歩くのが下手だったに違いない。こんな生物がいたら、すぐに肉食獣に食べられて絶滅してしまう。中間型は生きていけないのだ。四足歩行と直立二足歩行は適応的だが、その中間型は不利で適応的ではない。それでも現実には直立二足歩行が進化したのだから、人類は運よく中間型の時期を素早く通り抜けたのだろう。


つい私たちは、進化において「優れたものが勝ち残る」と思ってしまう。でも、実際はそうではなくて、進化では「子供を多く残した方が生き残る」のである。


化石から大きな進化傾向を読み取ることはできる。それは、脳が大きくなってから石器を使い始めたのではなく、石器を使い始めてから脳が大きくなった、ということだ。


ホモ・エレクトゥスの時代に奇跡が起きた。
……(中略)……
ホモ・エレクトゥスが走ったとすれば、私たちの体に毛がほとんどないことも説明できるかもしれない。暑い日中にアフリカの草原を走ると体温が上がる。上がった体温を下げるために汗をかいて、その汗を蒸発させることによって体温を下げる。しかし体毛があると、その下に汗を出しても蒸発しないので、体温を下げられない。そのため、人類の体からは、毛がなくなった可能性があるのだ。


ハッと目を見開かされることが多く、最後までとても楽しみながら読み進められました。

でも、一番驚いたのは、この本の最後のほうに待っておりました。

その驚愕の事実とは?...

続きは明日に。









posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村