2019年01月03日

帰京途中に蝉丸神社を訪問してきました

お正月なので、家庭内で百人一首に触れられている方もおられるかと思います。

私も、子供の頃はよくやったものです。もちろん、”坊主めくり”のほうですが(笑)。

本日、大阪の実家から東京へ戻ってきました。その途中、観光をしてきました。

JR大津駅で途中下車し、逢坂山と蝉丸神社を訪れてきました...


以下に小旅行記を記しておきたいと思います。

お昼少し前に駅を降り、スマホを見ながら目的地へ向かいます。

まず最初の目的地は、関蝉丸神社の下社です。

semi_1.jpg

蝉丸というのは、「是やこの、行くも帰るも別れては、知るも知らぬも逢坂の関」で有名な百人一首の歌人です。

なので、今日の記事の冒頭で百人一首の話題を出したわけです。

下社のほうは事前にネットで調べて得た情報の通り、さびれておりました。

お参りして、次の目的地へと進みます。

やや緩やかな坂道を上がっていくと、”逢坂”の碑が立っておりました。

semi_2.jpg

ここ逢坂は京の都と東国との境界であり、関所が設けられていた古来の難所でもありました。

蝉丸以外にもさまざまな歌人が詠んでますし、歴史書にも出て来る有名な名所ですね。

さらに坂道を上がると、関蝉丸神社の上社に至ります。

semi_3.jpg

見ての通り、小学生たちの何かの取り組みがされておりました。

また、参道やお社も綺麗に手入れされており、人がこまめに面倒をみているらしかったです。

実際にお爺さんがおられ、木を鉈で切る作業をしておられました。

そして、お参りしたあと、こぶ茶とみかんをいただきました。

semi_4.jpg

見ず知らずの一見さんであるにもかかわらず、心からのおもてなしにほっこりしました。

古き良き日本の良さというものを実感いたしました。

こういうのって、お金に代えがた〜い、価値ある人のわざですね。

このあとは駅まで戻り、駅に併設されている観光案内所でおみやげを買いました。

昔、逢坂で売っていたという「走り餅」と、大津にある有名な三井寺の「力餅」です。

semi_5.jpg

1人ぶんだけでいいので、一番小さなものをそれぞれ買って参りました。

これから楽しみたいと思います。

気持ちが洗われるような小旅行になりました。









posted by スイス鉄道のように at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村