2019年03月14日

月に2度しか味わえない幻に近いマグロ丼

昨日のランチは新橋駅近くにある『魚と酒はなたれ』さんに行ってきました。

月に2回しかない(今月は6日と13日)、マグロ丼の日だったんです。

nhanatare_1.jpg

nhanatare_2.jpg


開店時刻の11時を少し過ぎた11時20分頃にいくと、店内にはかなりのお客さんが入っておりました。

カウンター席に案内され、「丼単品(¥800円)とセット(¥1,000円)のどちらにしますか?」と聞かれ、セットを注文しました。

お金は先払いでした。

すぐに小鉢がきて、さらに2〜3分で丼が提供されました。

nhanatare_3.jpg

ご覧の通り、まぐろが山盛りです。

なお、丼を渡されるときに、「3分の1まで減ったらお声をかけてくださいね。お出汁をおだししますから」と言われました。

さて、お味のほうですが、いろんな部位が入っているマグロは量もあり、とても食べごたえがありました。

3分の1まで減ったところで「お出汁をお願いします」と言うと、鉄瓶に入った出汁が出てきました。

それをかけて出汁茶漬けにして食べました。

これもまた美味でした。

マグロに熱いお汁がかかってやや煮魚っぽくなり、味が変わったのも珍味という感じ。

丼+ほんのもうしわけ程度の小鉢で千円?というのが第一印象だったのですが、食べ終わってみればそんなことはなく、満足感がありました。

ご馳走さまでした。








魚と酒 はなたれ 新橋店居酒屋 / 新橋駅汐留駅内幸町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村