2019年07月20日

税務署に開業届を提出する

おとといのことですが、自分の住所を管轄する税務署に「開業届」を提出いたしました。

実は、今月から自分のからだを使った個人事業をスタートさせたのです。

”自分のからだを使って”といっても変な仕事ではなく、エキストラ専門の俳優業です。

契約先の芸能事務所との書類に「個人事業主として仕事をする」ということが明記されてまして、それでいろいろと聞いたところ、所属して活動している方は皆そうで、確定申告も個人事業主としてしていると教えていただきました。

その教えていただいた情報にもとづき、税務署に行ってきた次第。

「開業届」を書くのは初めてだったので勉強になりました。また、これからいろいろと苦労したりするかもしれませんが、人生何ごとも経験だと思って頑張ろうと思います。

自己責任、リスク負担、そして、洗練されたスタイリッシュな職業...

それがエキストラ業...

東京らしい仕事でもあると思います。

世界三大株式市場のひとつであり、日本の首都でもあり、アジア有数の巨大マーケットでもある東京中心に活動するならコレだ!、という仕事のひとつではないでしょうか。

それに、なんてったって、やっていて楽しいです。

やはり、仕事って、やって楽しいのが一番ですよね。サラリーマン時代につくづくそう感じましたもの。

また、電話代や通信費の一部を経費として計上もできそうです。これもメリット。

いやぁ〜... これからの新しい人生が楽しみです。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☔| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村