2019年10月10日

『東国武将たちの戦国史』を読んで

西股総生著『東国武将たちの戦国史』を読みました。

著者は学界の人ではなく、歴史好きからハマっていったどちらかというと市井の研究家という感じです。

その方が、戦国時代、それも関東甲信越中心に通説にとらわれない新説を展開されておられます。とても楽しく面白く読めました。

東国武将たちの戦国史: 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦
東国武将たちの戦国史: 「軍事」的視点から読み解く人物と作戦

エピソード的には、江戸城創設者として有名な太田道灌をめぐる物語だとか、長篠の戦いが通説のように織田軍の鉄砲隊の勝利では必ずしもなく、徳川軍の奮戦と武田軍の歴戦の勇士たちの頭の固さが原因だったとか、北条家の小田原城籠城策は通説のようにその難攻不落に頼ったというよりも、状況判断的にやむをえずそうした側面が強かっただとか、上杉謙信が何度も関東に外征したのは義のためなどではなく越後国内の不平不満から目をそらすためだったとか、目を見開かれる著者の視点の新鮮さに何度も本のなかに引き込まれました。

が、一番強く感じたことは、我々日本人が望む理想のリーダー像というものは、この時代の戦国大名たちの姿の投影に影響されているのだということでした。

我々は、会社のトップはもちろんのこと、総理大臣など政治家に対してもそういう目線で評価をくだしてるんじゃないでしょうか?

支配者にとって重要なのは、政策が国全体の利益を代表し、国の発展に貢献しているごとき幻想をいかに演出し、国内をその気にさせるかにある。一人でその全てを背負ってきた信虎の限界が、ここにあった。
かくて彼らの後継者たちは、最初からカリスマたることを嘱望されて立つこととなった。彼らは、華やかなスポットライトを浴びて舞台に上がることを宿命づけられた「英雄世代」であり、「風林火山」「毘」「天下布武」といったわかりやすいシンボルを必要としていたのである。


ここに引用したように、われわれ下々の人間の要望をある程度かなえてくれつつ、なおかつ、組織の利益も満たし、英雄性を兼ね備えた人物...

そんなリーダー像が、今の日本人にとっても理想のリーダー像なのでは?

そう考えると、日本人というものは、いまだに頭(おつむ)の中身が400〜500年間、進歩してないんだなぁ〜... と感じました。








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村