2019年11月21日

柄谷行人著『世界史の構造』を読んで(後編)

昨日の記事からの続きとなります...

”知の巨人”・柄谷行人氏の『世界史の構造』が語る世界史というよりも人類史の分析・考察について紹介していきたいと思います。

彼はまず、「交換様式」というものに着目します。

なぜなら、それは、人と人とをつなぐものであり、人間関係の基礎であると同時に、ひいては社会関係をも定めていくことに通じるからです。

このように...

人類学者マルセル・モースは、未開社会において、食物、財産、女性、土地、奉仕、労働、儀礼等、さまざまなものが贈与され、返礼される互酬的システムに、社会構成体を形成する原理を見出した。


国家の本質は暴力の独占にある、とマックス・ウェーバーは述べている。しかし、それが意味するのは、たんに国家が暴力wにもとづくということではない。国家は、国家以外の暴力を禁じることで、服従する者たちを暴力から保護する。つまり、国家が成立するのは、被支配者にとって、服従することによって安全や安寧を与えられるような一種の交換を意味するときである。


国家の法を強いる力も、一種の交換に根ざしている。そのことを最初に見出したのがホッブズである。彼は国家の根底に、「恐怖に強要された契約」を見た。それによって「一方は生命を得、他方は金と労働を得るという契約」である。


基礎的な「交換様式」の類型は4つあり、以下の通りとなります。

交換様式A 互酬      ネーション
交換様式B 略取と再分配  国家
交換様式C 商品交換    資本
交換様式D ???


交換様式Dは、交換様式Aへの回帰ではなく、それを否定しつつ、高次元において回復するものである。それは先ず、交換様式BとCが支配的となった古代帝国の段階で、普遍宗教として開示された。交換様式Dを端的に示すのは、キリスト教であれ仏教であれ、普遍宗教の創始期に存在した、共産主義的集団である。それ以後も、社会主義的な運動は宗教的な形態をとってきた。……(中略)……交換様式Dおよびそれに由来する社会構成体を、たとえば、社会主義、共産主義、アナーキズム、評議会コミュニズム、アソシエーショニズム……といった名で呼んでもよい。



そして、この「交換様式」のうちどれが支配的かであるかによって社会のあり方が変わってくると氏は言います。

まさにこれは刮目です...

社会構成体の歴史において重要なのは、それを抜本的に変えてしまうような、支配的交換様式の移行である。


歴史的に、どんな社会構成体も、複数の交換様式の結合として存在する。


部族社会では互酬的交換様式Aがドミナントである。しかし、それはBやCが存在しないことを意味するのではない。たとえば、戦争や交易はつねに存在する。が、BやCのような要素は互酬原理によって抑制されるため、Bがドミナントであるような社会、つまり、国家社会には転化しないのである。一方、Bがドミナントな社会においても、Aは別なかたちをとって存続した。たとえば農民共同体として。また、交換様式Cも発展した、たとえば都市として。だが、資本制以前の社会構成体では、こうした要素は国家によって上から管理・統合されている。


部族連合体の延長に、首長制国家(chiefdom)を置くことができよう。それは国家のすぐ手前にある。しかし、ここでもあくまで国家に抗する互酬の原理が働く。国家が出現するのは、互酬的でない交換様式が支配的になるときである。


国家(王権)は部族社会の首長制の延長として生まれたのではない。それは元来、略取―再分配という交換様式Bにもとづくのである。


国家がたんに共同体の発展として成立することはありえない。互酬原理にもとづく共同体では、いかに内部に矛盾が生じても、贈与と再分配によって解消されるからだ。


封建制を専制貢納国家から区別するのは、何よりも、支配階級の間に共同体の互酬原理が存続したことである。封建制は、主君と家臣の双務(互酬)的な契約によって成り立っている。


資本主義的な社会構成体は、商品交換様式が主要であるような社会構成体であり、それに合わせて、他の交換様式も変容される。


商品交換様式Cでは、まさに債務が生じるがゆえに、債務感情は生じないのである。それはむしろ、互酬的な関係に由来する債務感情からの解放、すなわち、人間関係をビジネスライクに扱うことを可能にするのだ。


マルクスはかつて唯物史観を唱え、これに同調する多数の賛同者が生まれ世界的な一大ブームを起こしましたが、柄谷行人氏の「唯交換様式史観」はマルクスを克服し、かつ超己するものです。

だからスゴいんです!

紙幅の関係ですべてをここで紹介することは無理ですが、私にとって世界史の見方が根本的に変わりました。

歴史に興味を持つ人はもちろん、経済や社会に対する知識・教養を求める方にとっても必読の一書、だと思います。

おススメの一冊です。







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 気づき・ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村