2019年12月18日

神田老舗の中盛りチラシ寿司

おとといのランチですが、神田の老舗のランチをいただいてきました。

明治36年創業だという『すし定』さんです。

とくに何の変哲のない商用ビルの1階にありました。

sushisada_1.jpg


お店の間に出ていたランチメニューです。

sushisada_2.jpg


11時半開店のところ11:35頃に入店すると、すでにカウンター席に2人のお客さんがいらっしゃいました。

テーブルの上には店の前に出ていたメニューよりもより詳しいメニューがあり、人気No.1だという中盛りチラシ(¥1,150円)をオーダーしました。

すぐに(2〜3分で)供されました。

sushisada_3.jpg

見ての通り、桶からあふれんばかりのネタの数々...

取り皿も合わせて提供されました。そこに半分くらい取り分けて、適時ネタを楽しみつつ寿司飯とともにいただきました。

新鮮なお刺身と酸っぱい味のごはん(寿司飯)の混然一体となった和のハーモニー...

朝はほとんど食べずに行ったため、余計に美味しく感じました。

千円越えというのはランチ激戦区の神田ではお高めなんでしょうが、パフォーマンス面では上出来な一品なので満足感はあります。

また、しばらく前に閉店間際のタイミングで行ったときには「本日のランチは終了しました」の札がかかっていて食べられなかったので人気店でもあるように思えます。現におとといも私が店を出るときには満員になっていましたし。

安いものだけを追い求めるのではなしに、ちょっといい物を選びたいなら、神田界隈ではここだと思います。







すし定寿司 / 神田駅新日本橋駅淡路町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4









posted by スイス鉄道のように at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村