2020年02月08日

黒田明伸著『貨幣システムの世界史』を読んで

黒田明伸著『貨幣システムの世界史』を読みました。

著者は京大卒、現在は東京大学東洋文化研究所教授で専門は世界貨幣史。ただし、元は歴史学者だったようです。

貨幣システムの世界史 増補新版――〈非対称性〉をよむ (世界歴史選書) - 黒田 明伸
貨幣システムの世界史 増補新版――〈非対称性〉をよむ (世界歴史選書) - 黒田 明伸

現在の活動は、日本を離れて国際的なご活躍をなさそうとされていて、それも貨幣システムを世界的に改善しようという良き野心をお持ちになられているようです。

以下、あとがきからの引用です。

今日の貨幣システムの最大の問題点は、一九三〇年代以降の管理通貨制の下、国民通貨の国際相場にしたがい、同一の労働に対する評価の差が一〇〇対一にまでなろうとしている点に現れている。世界規模の公然たる不正義といえるこの格差に対して、現在の現地通貨運動の射程は残念ながら及びそうにない。


導入当時はほとんど差がなかったドイツとスペインの失業率が、現在は驚くべきほどの差となっているように、国家間通貨統一がもたらした負の側面は明らかとなっている


旧版出版後、貨幣に関わる理解としてより明確になった点をかいつまんでいえば、下記のごとくである。
 (一)匿名的に取引を媒介する通貨は、滞留をさけがたいため、完全な弾力性をもって供給することはできない。また指名的信用に依る取引は、本質的に債務累積のリスクをもつため、無制限にひろがることはできない。つまり、どちらの志向によっても、回路としての貨幣は局地的なまとまりをもとうとするものなのである。超地域的な貨幣通用を成り立たせるためには、これらの志向を制御する仕組みが必要となる。
 (二)三位一体のごとく貨幣の機能とされる、流通手段、価値尺度、価値蓄蔵手段、の間には必ずしも親和性がない。ことに、供給が有限で第三者への譲渡を前提とする通貨(流通手段)と、無限の取引額に対応し取引者同士の相対を基にする記帳(価値尺度)とは、相対立する機能といえる。整合しないこれらの機能をどう組み合わせるかにより貨幣システムに個性が生じる。
上記の二つの視角から世界規模の比較をする国際協同研究を、現在私は組織しようとしているところである。


通貨の国内統一そして域内統一が、人類規模ではより大きな格差と不公平をもたらしているのなら、誰のための取引費用軽減なのであろうか。貨幣の地域性と超地域機能との間の根源的矛盾を論じる本書に、今日の大きな問題につながる意味をみつけてくださる読者も多くなっているのではないかと、ひそかに期待するところである。


現在の通貨制度がかかえる様々な問題点を人類の過去の歴史をふまえて整理、分析、考察し、より理想のあるべき国際通貨制度を構築するヒントをさぐり、提示しようとされておられるようです。

この著者の意図の発展を長い目で期待したいと思いました。






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 投資情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村