2020年03月13日

老舗っぽい個人経営のカツ丼屋さん

おとといのランチですが、四谷三丁目にある『鈴新』さんに行きました。

写真を御覧のように、新宿区の昔ながらの小道沿いにある老舗っぽいお店です。

suzushin_1.jpg


お店の前に出ていたメニューです...

suzushin_2.jpg

suzushin_3.jpg

suzushin_4.jpg


こんなものもありましたよ(江戸時代の文化遺産の説明)。

suzushin_5.jpg


以前テレビで取り上げられていたので行ったのですが、人気店だということで開店時刻(11:30)の10分前に到着。

しかしすでに開店しておりまして、お店の中に入ると5人ほどお客さんがいらっしゃいました。

事前に調べておいたここの名物だという「かけかつ丼」(¥1,300円)を注文します。

席はカウンター席のみで、席から作っているのがよく見えました。注文後7〜8分ほどして提供されました。

suzushin_9.jpg

「かけかつ丼」は、カツを卵でとじず、サクサクのまま提供されるカツ丼です。

食べる前の想像通り、”カツ”をしっかり食べてる感がしました。

汁物は味噌汁ではなく豚汁で、付け合わせの一品はがんもどきの小さいのでした。

お店の雰囲気はいいしカツ丼のクオリティーも良し。チェーン店のカツ丼よりも割高ですけれど、”質”と昔なつかしの老舗感の空気も味わえると思えば、総合評価としてはまずまずだと思いました。

なお、お会計はPayPayが使えました(店は古そうなのに近代的(笑))。






鈴新とんかつ / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4






posted by スイス鉄道のように at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村