2020年04月20日

”すき家”のケール丼を試してみた

昨日の朝食はすき家さんに行ってまいりました。

新しく販売された”ケール丼”というものを試してみようと思ったんです。

キャッチフレーズが「これで一日分の野菜が摂れる」とのことだったので、ヘルシーな生活を普段から心がけている自分としては、牛肉というたんぱく質とともに手軽にお安くビタミン類がとれる優れものだと考えたからなんです。

昨日の東京は朝から快晴でいいお天気でして、お店まで気持ちよく歩いていきました。

入店したのはほぼ10時...

店内は外からの光が大きな大きな窓を通して射し込んでいていて、明るくいい雰囲気でした。

店員さん(外国人のお姉さんでした)を呼んで”ケール丼セットの並盛(¥690)”を注文しようとすると、スープが昼過ぎまで用意できないとのこと。

う〜ん、残念です。

仕方がないので単品並盛り(¥590)をオーダーしました。

わずか1〜2分でやって参りました。さすがファーストフード店、早いですね。

Cale_1.jpg


第一印象としては確かに野菜は相当程度ありますが、これで一日分足りるのか?、とちょっと疑問に...

ケールが最も効力があってそれが寄与しているのかな?、たしか青汁の材料でしたからね。

全体的な感想としては、ファーストフード店の並盛のメニューとしては、まあこんなもんかという感じ。

セットにして卵も摂取したかったけどねぇ...

ビジネスというものは欠品してはいけないということが改めてわかったほうがこの日の収穫だったかなぁ...

お店の中にポスターが貼ってあった、”ランチセットがわずか¥500円”という情報もそそられました。

ケール丼自体はちょっと不完全燃焼でした(笑)。






すき家 新御徒町店牛丼 / 新御徒町駅稲荷町駅仲御徒町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村