2020年05月12日

確定拠出型年金の小勝負での勝利(その2)

4月18日の記事にて、確定拠出型年金の小勝負で勝った話しを書きましたがその続編です。

[最近の戦績(成果)]
購入銘柄:楽天・全米株式インデックス・ファンド
購入日と購入金額:3月6日×100万円,3月16日×100万3円
購入総額:約200万円
購入単価:11,468円(×100万円分),10,225円(×100万3円分)
売却日:5月1日
売却割合:50%
売却単価:11,050円
売却金額:102万2,119円
運用益:+2万2,119円


要は、2回に分けて購入した全米株式のインデックスファンドを半分処分したということ。

ただし、高値づかみした1回目の購入単価(11,468円のほう)よりも上がっては来ていないので、安く買えたほう(購入単価が10,225円のほう)で売ったとみて益出しをして様子を見ているということです。

今後の方針としましては、下がってきたら買い戻すし、上がったら残りも売って益出しして様子見をする、ということにしています。

また、インデックス投資の基本は、”分散投資をせずに集中投資をする”、という考え方が私の考え方でもあります。

安く下がったところで数十万〜百万レベルで買い付け、高くなったところでいさぎよく処分してドバッと利益をだす...

これが賢い投資法ですよね?






P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。



posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | 投資報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村