2020年06月25日

牛蒲焼重とは何ぞや?

昨日のランチは、浅草橋駅すぐの所にある『肉寿司』さんへ...

ネットで”牛蒲焼重”なるものがあるという情報をキャッチしていて、一度食べてみようかなと思ってたんです。

開店時刻の11時半の5分前に行くとまだ「仕込み中」との札があり、開店まで少し待ちました。

開店後、一番乗りで中に招き入れられ、ソーシャルディスタンスを取った一人席に案内されます。

”牛蒲焼重”がメニューに見当たらないので店員さん(若いお姉さん)に聞くと、「少しお待ちください」と言って店長さんらしき人に聞きにいきました。そして戻ってくると、「10分か15分ほどかかりますけどいいですか?」とのこと。

いつの間にか隠れメニューみたいになっている?

ともあれ、10分もかかるかかからないかで出てきました。

usi_1.jpg

ネットで見た写真では四角のまさにお重で出てきている姿を目にしていたのですが、丸いお椀でした。

それでも卵をのけると牛肉が存在するのが見受けられました。

usi_2.jpg

山椒の小瓶が渡され、それをかけていただきます...

お味のほうは卵の甘さと牛肉を甘辛く煮た甘さとがダブルでハーモニーを奏でていてとても美味!

お値段がちょっと張りますけど(¥1,000円(税込み))、これはどこにもない一品だわ。

一度食しておくべきB級グルメだと思いました。






浅草橋 酒肴 肉寿司寿司 / 浅草橋駅馬喰町駅東日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4






posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村