2020年07月23日

思わず応援したくなる蕎麦屋さん

昨日の夕方、蕎麦を食べたくなって買い物がてらふらっと食べに行きました。

行った先は、浅草橋駅ガード下の『ひさご』さんです。

hisago_1.jpg


入店したのは16時過ぎ。お店の中には誰もおらず、最初から最後まで私ひとりでした。

店内は狭く、立ち食い形式で、5人ほどしか入れないスペース。調理場にはおじさんが一人。コロナ禍で客足が鈍る中、孤軍奮闘されておられるようでした。思わず応援したくなるような零細なお店です。

事前に食べログで調べておいた”おろし蕎麦(¥380)”に天ぷらトッピング(¥60)にします。

注文後すぐに作り始めてくれて、1〜2分で供されました。

hisago_2.jpg

どんぶりと引き換えにお金を支払う方式でした。

おじさんの客対応はとても良対応でしたよ。明るく親切ていねいな声で「はいどうぞ、440円です」とおっしゃって、受け取るこちらの気持ちが思わず明るくなりました。

天ぷらはかき揚げっぽいの1種類です。麺はやや太麺で少し柔らかめ。

まあ、立ち食いそばでこの値段ならこんなものでしょうか。

下町の昔ながらの昭和っぽい蕎麦屋さんに出くわした感じで、少しタイムトリップ感もした昨日の夕方でした。






ひさごそば(蕎麦) / 浅草橋駅馬喰町駅東日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3







posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村