2019年01月03日

帰京途中に蝉丸神社を訪問してきました

お正月なので、家庭内で百人一首に触れられている方もおられるかと思います。

私も、子供の頃はよくやったものです。もちろん、”坊主めくり”のほうですが(笑)。

本日、大阪の実家から東京へ戻ってきました。その途中、観光をしてきました。

JR大津駅で途中下車し、逢坂山と蝉丸神社を訪れてきました...


以下に小旅行記を記しておきたいと思います。

お昼少し前に駅を降り、スマホを見ながら目的地へ向かいます。

まず最初の目的地は、関蝉丸神社の下社です。

semi_1.jpg

蝉丸というのは、「是やこの、行くも帰るも別れては、知るも知らぬも逢坂の関」で有名な百人一首の歌人です。

なので、今日の記事の冒頭で百人一首の話題を出したわけです。

下社のほうは事前にネットで調べて得た情報の通り、さびれておりました。

お参りして、次の目的地へと進みます。

やや緩やかな坂道を上がっていくと、”逢坂”の碑が立っておりました。

semi_2.jpg

ここ逢坂は京の都と東国との境界であり、関所が設けられていた古来の難所でもありました。

蝉丸以外にもさまざまな歌人が詠んでますし、歴史書にも出て来る有名な名所ですね。

さらに坂道を上がると、関蝉丸神社の上社に至ります。

semi_3.jpg

見ての通り、小学生たちの何かの取り組みがされておりました。

また、参道やお社も綺麗に手入れされており、人がこまめに面倒をみているらしかったです。

実際にお爺さんがおられ、木を鉈で切る作業をしておられました。

そして、お参りしたあと、こぶ茶とみかんをいただきました。

semi_4.jpg

見ず知らずの一見さんであるにもかかわらず、心からのおもてなしにほっこりしました。

古き良き日本の良さというものを実感いたしました。

こういうのって、お金に代えがた〜い、価値ある人のわざですね。

このあとは駅まで戻り、駅に併設されている観光案内所でおみやげを買いました。

昔、逢坂で売っていたという「走り餅」と、大津にある有名な三井寺の「力餅」です。

semi_5.jpg

1人ぶんだけでいいので、一番小さなものをそれぞれ買って参りました。

これから楽しみたいと思います。

気持ちが洗われるような小旅行になりました。









posted by スイス鉄道のように at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

先週(10/9〜10/12)の売買状況

先週の売買状況を報告したいと思います。


売却銘柄:

日経平均ベア2倍(1157)
購入日:9月21日
購入単価:2,547円
購入口数:30口
売却日:10月11日
売却単価:2,743円
売却株数:30口(全部)
譲渡益税:1,150円
純利益 :+4,536円


購入銘柄:

キャノン(7751)
購入日:10月10日×100株,10月11日×200株
購入単価:3,552円×100株,3,459円×200株
購入株数:300株
買付平均単価:3,493円

黒崎播磨(5352)
購入日:10月11日
購入単価:8,040円
購入株数:100株

JT(2914)
購入日:10月11日
購入単価:2,902円
購入株数:200株

日経レバETF(1570)
購入日:10月12日
購入単価:20,450円
購入口数:10口

JR東日本(9020)
購入日:10月12日
購入単価:9,798円
購入株数:100株


先週の東京株式市場は、11日の木曜日に一時は約1,000円近く暴落してしまいましたね。

私はその日、絶好の買い場だと判断し、買いに入りました。

その前の日にもキャノンを買ってたんですけど、さらに押し目買いです。

さらに、暴落した次の日の金曜日にも物色して少し買い増しました。

手数料込みで、合計で¥361万8,313円となりました。

わずか3日で360万の買い物をするなんて実生活ではなかなかないこと。

だから気持ちいいです!

購入した銘柄選びのポイントは、高配当,優良銘柄,ある程度の規模があること,競争力があること,などです。

あとは、じっくり腰を落ち着けて、中長期で見て、売り場をまた探るのみです。

一方、日経平均が下がると逆に上昇する「日経平均ベア2倍ETF(1157)」については利益確定させました。

こちらについては、下がっても儲けが出るなんて素晴らしいです。

全般的に見れば、先週は、とりあえずはまずまずの出来だったなと思っております。







P.S.
投資はあくまでも自己判断と自己責任でお願いします。
上記の記述は私の個人的見解であり、何も保証するものでもありません。





posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

ワールドカップって、ホント素晴らしい...

サッカーW杯決勝トーナメント1回戦、日本対ベルギー戦がつい先ほど終わりました。

決勝トーナメントに入ってから見ごたえある戦いが続いていますが、いまや全試合地上波で放送してくれますね。

昔は予選は一部がBS限定放送だったりしましたが、今回はNHKと民放のいずれかで全試合やってくれるのは有難い限りです。

全世界が注目し、”質”で最高峰のエンターテインメントがタダ(無料)で楽しめるなんて、生きている喜びを感じます。

素晴らしい試合が続いていますからね...

そして、画になるシーンの数々...

フランスの輝く個性、ウルグアイの世界一のツートップ、ロシアがみせた魂の守備、ブラジルが見せた格の違い、メッシやC・ロナウドの画になる姿...

それぞれに素晴らしい...


そんな中、日本の戦い方は不完全燃焼な感じが残ってしまいました。

2点リードして後半の20分過ぎてからノープランでした。




攻めていくわけでもなく、守りに入るわけでもなく、ベルギーの選手交代に対応するわけでもなく、状況をスルー...

結局、その日本の曖昧な姿勢に神様は背を向けたのかな...

ポーランド戦の最終局面では珍しく意志を示した日本ですが、今回の試合では逆に意志の無さが浮き彫りになったかな、と思います。

熱く応援していた方、そして選手の無念の想い、感じます...

どうか癒されますように...








posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村