2017年02月26日

ウォーレンバフェット伝の雑感...

ウォーレンバフェット氏の伝記を読みました...

題名は、『スノーボール』といいます...

上下巻に分かれ、各600ページ超。合わせて約1,300ページにものぼる大作です。

スノーボール ウォーレン・バフェット伝 上・下巻セット -
スノーボール ウォーレン・バフェット伝 上・下巻セット -

読むのに骨が折れました...

ただ、著者はこの本を出すのに、「5年にも渡ってバフェット氏本人に取材のうえ書いた」ということなので長いのもうなづけます...

細かいところはおいおいまた記事を書くとして、本日は読み通したうえでの雑感を記しておきたいと思います。


1.氏の投資スタンス

・バリュー投資家だと言われますが、”格安株への集中投資”といった方がわかりやすいでしょう。
 氏の恩師であるグラハム氏が分散投資を説いたのに対し、バフェット氏はこれはと思った株を集中的に買います。

・資産の配分を重視するが、タイミングによる。
 大株主であり経営者でもあるバークシャー・ハザウェイ社の株が高すぎるとき、優良な子会社株を保有している他の会社を買って、その代価にバークシャー・ハザウェイ株で支払います。
 そして買収後にその買収した会社が保有する株を売却しました。これにより、株式→安全資産へと資金のシフトを済ませました。このくだり、私は「うーん。なるほど」とうなりました。


2.氏の投資哲学の背景

・大学時代に会計学を学んでいます。
  →やはり、会計についての最低限の専門知識は投資するにあたって必要だと私も思います。

・自分で商売をするという感覚(センス)を小さな頃から持っていた。
 新聞配達のバイトに、理髪店にピンボールマシンを設置する小遣い稼ぎ、子供の頃に早くも普通株への投資をはじめる...
 投資家である前にビジネスマンだということですね。ここも大事な点だと思います...


3.失敗あり、非効率あり...

・結構、無茶な投資もしているし、自ら「非効率的」だと語った投資もやっています。
 うまくやっていれば、もっと大金持ちになっていただろうなぁ、と思うことしきり...


長くなるのでこれ以上は割愛しますが、氏はインデックス投資家でもなければ分散投資家でもない...

普通株から投資の道に入ったビジネスマン出身...

それが、アメリカ資本主義の高揚と歩調をあわせることで成功に至った。

こういうことなんだなと思いました...








posted by スイス鉄道のように at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 投資技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

ふるさと納税をしました...

いよいよ年末が近づき、投資家にとっても年末調整の時期ですね...

損益通算による税金還付のための株式や投信の売却、NISA枠の消化、そしてふるさと納税...

わたしは3月で勤めをやめているので、還付額をオーバーしないように自分の所得金額を冷静に計算しつつ、ふるさと納税をしました。

そのために利用したのが、こちらのページのツール...
↓↓↓
http://kaikei7.com/blog-entry-2.html

給与や総合課税で申告予定の配当所得等を入力すると、自動的にふるさと納税の限度額をはじき出してくれます。

非常に便利なツールですね...

authorの「TN kaikei7」さん、どうもありがとうございました。


さて、実際のふるさと納税は楽天市場から行いました。

なぜなら、楽天ポイントが付与されるからです。

ただ単にふるさと納税するんじゃなくて、少しでも何か得になるよう調べてみたほうが良いです...

で、見つけたのが、静岡県焼津市。

お礼の品は「ガーリックツナ12缶」(¥5,000円分)です。
↓↓↓
http://item.rakuten.co.jp/f222127-yaizu/00e-035/

ポイントは500ポイント(=¥500円相当分)も付いてくれました。

これだけで1割引ですね...

それに、缶詰は長持ちするので重宝します。

少し心配なのはお味のほうですが...

調べてみたところ、”株式会社サスナ”という会社が作っているみたいですね...

評判・感想については以下のサイトに載っておりました。
↓↓↓
http://m.designbits.jp/15121722/

なかなか良さそう...

少なくともハズレじゃなさそうです...








posted by スイス鉄道のように at 20:26| 東京 ☀| Comment(2) | 投資技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

上がる可能性の高い買い材料とは?...

個別株投資ですが、先週から昨日にかけて私の興味を引いたのは、自社株買い銘柄です...

例えば、3月14日引け後に自社株買いを発表した六甲バターは、翌日(3/15)にドーンと上がりました。

出来高も普段の3倍くらいありました。

3月18日引け後に同じく自社株買いを発表したGMOクラウドは、翌取引日である昨日(3/22)、ストップ高でした。

いずれも発行済み株式数の3%超えの買いを実行する訳だから、その前に上がって当たり前です。

よく個別株投資は難しいと言いますが、初心者はこういう材料(ネタ)から入ってもいいですね...

なんてったって、「発表した」ってことは、必ず買うってことですから...

だって、買わないと詐欺になっちゃうでしょ?

そして近い将来に買いが必ず入るということは、上がる可能性がきわめて高いということです。

なので、早く仕込めば、後で高値で売り抜けることが出来て、利益確定がかなりの高確率でできるということです。

自社株買い発表銘柄は、上がる前に仕込めば、損する可能性が通常よりも低いと思いますよ...


さて、私も、先週、新規銘柄を仕込みました...

その銘柄とは、”マネースクウェアHD(8728)”です...

3月11日(金)の引け後に「自社株買い」を発表しております。
↓↓↓
http://www.m2hd.co.jp/press_release/
http://jp.reuters.com/article/idJPL3N16M00O
http://www.morningstar.co.jp/msnews/news?rncNo=1717970
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/109323


期間は来月4月からの1年間...

合計20万株を4億円を上限にして買います! と宣言しました...

もっとも発行済み株式数の1%台ですから、GMOクラウドほどは上がらないかもしれません。

でも、配当利回りが3%台あります。

だから配当取りで買ってもいいわけです。

また、高利回りということで、それが株価の下支え要因になると見ることもできます。
(だから、当面は大きく下がらないだろう、と見ています...)

さらには、昨年秋(10月)には高値¥1,800円台をつけていますから、それに対しての「戻り」も今後あるのでは?、と思っています...

そして最後に、業種が市場環境に左右されないこと。

つまり、FXのサービスを提供しているそこそこ大手の会社なので、円高になろうがなるまいが業績悪化をもたらさないだろう...

また、景気動向指数の発表等で、世の中の景気が悪化しているというニュースが流れても、この会社の業績にはあんまし関係ないだろう...

以上の考えから購入を決めました。


[購入データ]
購入日:3月15日
購入株数:200株
購入単価:¥1,180円
購入価額:¥236,293円(購入手数料含む)


『出口戦略』としては、テキトーに上がったところ、もしくは...
上がった後、相場全体が大きく下落しそうな雰囲気を感じたらスグ!(ヤバそうな感じの時)、に売ります...

要するに、”早めに勝負を決める”ってわけです。

日本株や新興国株は、長期になればなるほどリスクが高まる...
これが長年の投資経験から得た私のノウハうです...






P.S.
投資はあくまでも自己責任でお願いします。
上記の記事はあくまでも私の個人的考えであり、何も保証は致しません...




posted by スイス鉄道のように at 07:00| 東京 ☀| Comment(2) | 投資技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村